このページの本文へ

19万円台まで6モデルをラインアップ

圧倒的コスパ! 10万円から手に入る、GTX 960M搭載ノート

2015年03月30日 10時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「NEXTGEAR-NOTE i5500」シリーズ

 マウスコンピューターは3月30日、GeForce GTX 960M搭載を15.6型ノートPCで、コストパフォーマンスの高さを特徴とする「NEXTGEAR-NOTE i5500」シリーズを発表した。ゲーミングブランド「G-Tune」からのリリースとなる。

 GeForce GTX 960MはNVIDIAの最新GPUで、省電力性の高さを特徴としている。15.6型のフルHD(1920×1080ドット)ディスプレーは、光沢を抑えたノングレア処理を施している。これにより液晶への映りこみや目の負担を軽減でき、ゲームや作業に集中しやすい仕様になっているという。

 スペックの異なる6モデルをラインアップする。最安モデルの「NEXTGEAR-NOTE i5500BA1」はCore i5-4210M(3.20GHz)、4GBメモリー、320GB HDDという構成で、価格は10万774円。最上位モデルの「NEXTGEAR-NOTE i5500PA1-SP」はCore i7-4910MQ(4コア/2.90GHz)、16GBメモリー、128GB mSATA SSD、1TB HDDを搭載し、価格は19万9584円だ。

 BTOに対応しており、ストレージ容量のカスタマイズが可能。同日からG-Tuneホームページ、ダイレクトショップなどで受注を開始している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

マウスコンピューター