このページの本文へ

AK100IIベース、ライブチケットも10名に当たる

花澤香菜とAstell&Kernが競演、コラボモデル開発開始

2015年03月28日 12時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 押しも押されぬ人気の声優・花澤香菜さん。その声は“甘くて柔らかくて優しい”。ハイトーンで聞き取りやすい声質でありながら、子音などにちょっとした幼さもあり、ファンを魅了している。

 そんな花澤香菜さんと、Astell&Kernの人気ハイレゾプレーヤー「AK100II」が競演。「Astell&Kern AK100II 花澤香菜コラボレーションモデル」の開発がスタートした。AK100IIは、Astell&Kernの第2世代ポータブルハイレゾ機。実売20万円を超すハイエンド機「AK240」の機能・音質を踏襲しつつ、より価格を抑えた製品となる。

 コラボモデルの発売時期や内容に関しては現時点で未公開だが、“花澤香菜×Astell&Kern 特設サイト”で随時公開していくとしている。

 花澤香菜さんはアーティストとしても精力的に活動中。ハイレゾ配信もされたセカンドアルバム『25』のリリース時期には、その声質の魅力を探るために声を計測して分析した結果も話題となった。いわく倍音が豊富で、人間の耳が鋭敏な3000Hz付近の音を多く含み、人間の耳で聴こえる上限(20kHz)よりさらに上の高域まで伸びる。これが声の魅力を高める理由のひとつになっているという。豊富な情報を収録できるハイレゾ音源との相性もバッチリだろう。

 花澤香菜さんは、4月22日に最新アルバム『Blue Avenue』をリリース予定。

 さらに5月3日(日)の日本武道館を皮切りに、全国5都市をめぐるツアー「花澤香菜 live 2015“Blue Avenue”」も決定している。Astell&Kernはこのツアーの公式スポンサーにもなっており、特設応募ページで、抽選で10名に5月3日の武道館公演のチケットが当たるキャンペーンも実施する。

 “美しき天使の声を最高の音質で”をテーマとした今回のコラボ企画。これが具体的にどんな形で結実するのか。続報を待ちたい。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ