このページの本文へ

サービス提供は富士通FIPに

富士通と富士通FIP、データセンター事業を統合・再編

2015年03月27日 13時16分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)は3月27日、データーセンター事業の組織統合・再編を4月1日付けで実施すると発表した。富士通と富士通FIPがそれぞれで行っていたサービスデリバリー機能、サービスとツール開発機能を富士通FIPに統合し、ファシリティの計画と管理機能を富士通に統合する。

2016年4月開所予定の「館林システムセンターC棟」。富士通が1995年に開設した館林のデーターセンターは今も増床が続く。

 今後はファシリティ、ネットワーク、ICT機器、インフラ運用を一つのプラットフォームとして提供するビジネスモデルに転換。これにより、国内外の顧客は、ロケーションを意識することなく、様々な機能を最適化した状態で利用でき、より一層安定的に自身のシステムを運用することが可能になるとしている

 なお、富士通FIPは1989年に「東京データセンター」を開設し、これまで700社以上から約2万3000台のサーバーを預かっているという。また、富士通は1995年に「館林システムセンター」を開設しており、国内ITアウトソーシング市場9年連続売上No.を誇り、1000社を超える多種多様な顧客が利用しているとのことだ。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通