このページの本文へ

ここが変わったWindows 10第18回

Bootcampを実行したら、画面の指示に従えばOK

Windows 10TPを、MacにBootcampでインストールする

2015年03月27日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表した。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Technical Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説する。

マイクロソフトのサイトからWindows 10TPのインストール用ISOファイルをダウンロードする。※本記事内の画像はすべてBuild 9926です

 Bootcamp機能を利用してMacにWindowsをインストールすることができるが、Windows 10 Technical Preview(以下TP)もインストールできる。まずはマイクロソフトのサイトからWindows 10TPのISOファイルをダウンロード。USBメモリーに解凍したら、MacでBootcampを実行する。後は画面の指示に従って進めればいい。

 Macbook Airにインストールしたところ、特にエラーもなくすべての機能が利用できるようになっていた。ただし、iMac 5KにWindows 10TPをインストールしたところ、3840×2160ドットでしか表示できなかった。まだ、ディスプレイドライバーが対応していないようだ。製品版ではサポートされることを期待したい。


MacのBootcampでダウンロードしたISOファイルをUSBメモリーに展開する


USBメモリーを装着してMacを起動する。Windows 10のインストール画面が開くので画面の指示に従う


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン