このページの本文へ

最先端の自撮り&SNS投稿デジカメ! カシオ「EX-ZR1600」レビュー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラから離れていてもスマホから電源オン!
Bluetooth連携の新しい試み

背景をなるべく広く入れたい場合、離れた場所にカメラを置いて、スマホからリモート撮影すると便利!

背景をなるべく広く入れたい場合、離れた場所にカメラを置いて、スマホからリモート撮影すると便利!

 スマホとの接続にはBluetoothとWi-Fiを併せて使用する。カメラ側のシャッターボタンを押して撮影したデータを、撮影直後にスマホに自動転送する機能が備わっている。また、スマホの画面でカメラの画角を確認しながら、リモート撮影が可能。Bluetooth Smartにより、カメラの電源が入っていない状態でもBluetoothの接続は維持されるため、カメラを電源オフの状態からスマホで起動させることができる。

集合写真でシャッターを切るのも便利。全員フレームに入っているかを手元のスマホからか確認できる

集合写真でシャッターを切るのも便利。全員フレームに入っているかを手元のスマホからか確認できる

 スマホには専用アプリの「EXILIM Connect」(Android版iOS版)をあらかじめインストールしておく必要がある。

「EXILIM Connect」のメイン画面。左はAndroid版、右はiOS版

 撮った画像の閲覧にはOS付属のビューアも利用可能だが、このアプリには写真管理アプリ「Scene」をダウンロードすることで、ショートカットが用意されている。

 SceneはSNSサービスでもあり、ZR1600から転送された写真をアルバムにまとめて公開できる。Sceneはスマホに保存されている画像をすべて管理できるので、標準アプリの置き換えにもいい感じだ。

 Android版もiOS版もインターフェースは同じ。Bluetoothでペアリングして、続いてWi-Fiで接続することになる。

 最初にペアリングしてしまえば後は簡単。Android版ではWi-Fiの接続も自動で行なわれるが、iOSの場合には手動で無線接続を切り替えなければいけない場合もあったので注意が必要。

 とはいっても、つながらない場合にはアプリが無線設定を見直すようにと催促してくるので操作は難しくない。

   

「Scene」のメイン画面。スマホの中のデータすべてを表示してくれる。ほかに月表示のカレンダーにサムネイル表示させることも可能だ。動作は軽く、ほかののサービスへの受け渡しもスムーズにできる

(次ページに続く、「感度別撮影サンプル」)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン