このページの本文へ

価格は9980円、画像の選択転送にも対応する

ついにRAW転送に対応! 無線SDカード「Eyefi Mobi Pro」

2015年03月25日 16時36分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにRAWファイル転送に対応した「Eyefi Mobi Pro」。カードのカラーは通常モデルのオレンジから、落ち着いたブラックに変更

 アイファイジャパンは3月25日、新たにRAWファイルの転送に対応したWi-Fi内蔵メモリーカード「Eyefi Mobi Pro 32GB」を発表した。3月27日より販売開始する。価格は9980円。

Eyefi Mobi Proとアクティベーションコード付きのメンバーシップカードのほか、USBカードリーダーが付属

 Eyefi Mobiカードは、デジタルカメラなどで撮影した画像を設定したモバイル端末に自動転送する世界初のWi-Fi機能付きSDHCメモリーカード。今回リリースされるEyefi Mobi Proは、CLASS 10準拠の高速転送など従来モデルの全ての機能に加え、新たに容量の大きいRAWファイルの転送や選択転送に対応する。同製品を購入することで、容量無制限のクラウドサービス「Eyefiクラウド」を1年間無料で使用できるのは従来通り。無料期間終了後は1年ごとに5000円の更新料を支払う必要がある。

 新カードの発売にあわせ、Windows/Mac向けデスクトップアプリも一新。SDカードから転送した写真だけでなく、Eyefiクラウド上にPC内の写真をアップロードできる機能を追加することで、写真の一括管理が容易になっている。

自動タグ付け機能のデモも実施された。食べ物や動物の種類など、サブカテゴリーも豊富なよう

 また、Eyefiクラウドの新たな写真管理機能として、タグ付けを自動化する「Smart Tags」を搭載。米国スタンフォード大学の画像認識技術により、Eyefiクラウド上の画像を自動的に判別、動物、食品、イベントなど10項目の大カテゴリーと80のサブカテゴリーのタグを付与する。現在タグは英語のみだが、将来的にはローカライズするとしている。同機能のサービスインは4月後半を予定。

シグマ製品もEyefi対応を準備中!

 発表会にはEye-Fi CEOのマット・ディマリア氏が登壇し、新たにシグマとパートナーシップを結んだことを発表した。今後販売されるシグマのデジタルカメラはEyefi製品に対応していく見込みだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中