このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

液晶分離型デスクトップ「LIFEBOOK GH」ロードテスト 第2回

15.6型Core i7の“タブレット”! 「LIFEBOOK GH」のパフォーマンスをさぐる (2/2)

2015年03月24日 08時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマーク結果は良好。3Dゲームもプレーできる

 続いて、「LIFEBOOK GH77/T」のベンチマーク結果を紹介しよう。Windows 8.1の快適さを表わす「Windowsシステム評価ツール(WinSAT.exe)」の結果については、以下の表のとおりだ。グラフィックス関連のスコアについてはWindows 8.1のレスポンスにあまり影響しないため、気にしなくてもいい。

試用機の「Windowsシステム評価ツール」の結果
CpuScore(プロセッサー)7.9
MemoryScore(メモリー)7.9
GraphicsScore(グラフィックス)5.9
GamingScore(ゲーム用グラフィックス)5.5
DiskScore(プライマリハードディスク)5.9

試用機の「Windowsシステム評価ツール」の結果

 Core i7-4712HQ(2.3GHz)というクアッドコアのCPUを搭載しているだけあって、CPUのスコアはかなり高めだ。メモリーについても十分なスコアが出ている。ストレージのスコアが「5.9」止まりとなっているが、これは「LIFEBOOK GH77/T」がストレージにHDDを搭載しているためだ。HDDとしての最大スコアであると考えれば、性能的には問題ないことがわかるだろう。

ストレージは標準的なHDDクラス

 ストレージのアクセス速度を「CrystalDiskMakr」で計測したところ、シーケンシャルリードで110.4MB/秒という結果となった。HDDとしては標準的なスコアだ。

「CrystalDiskMark」によるストレージのアクセス速度計測結果

優秀なCPU性能

 CPUの処理能力を計測する「CINEBENCH R15」の結果は「CPU」が「518cb」、「CPU(シングルコア)」が「126cb」だ。さすがにハイエンドノート向けのクアッドコアCPUだけあって、高いスコアが出ている。

「CINEBENCH R15」と「CINEBENCH R11.5」のベンチマーク結果

“タブレット”で、ファイナルファンタジーXIVが出来る?

 「PCMark 8」では、「Home conventional 3.0」が「2919」、「Creative conventional 3.0」で「2836」、「Work conventional 2.0」が「3075」という結果となった。全体的に高めのスコアではあるが、ゲーム系のワークロードが影響してスコアが伸び悩んでいる。CPU内蔵のGPUを使っていることを考えれば、やむを得ない結果だ。

日常的な作業の性能を計測する「Home conventional 3.0」ベンチマーク結果

ゲームやクリエイティブ系ソフトの快適さを計測する「Creative conventional 3.0」ベンチマーク結果

文書作成やビデオチャットなどビジネスにまつわる性能を計測する「Work conventional 2.0」ベンチマーク結果

 「3DMark」ではもっとも負荷の高い「Fire Strike」で「726」という結果に。このスコアでは海外の大作ゲームをプレーするのはかなり厳しい。だが負荷の軽い「Ice Storm」では「58611」と比較的高めの結果が出ている。中規模クラスの3Dゲームであれば、画質や解像度を変更することでプレーできる性能だ。

「3DMark」ベンチマーク結果

 「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」では、解像度1280×720ドットの標準画質で「4684」の「快適」という評価だった。「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」でも同じ条件でテストを行なったところ、「6544」の「快適」という評価が出ている。解像度を1920×1080ドットに変更しても、標準画質なら問題なくプレーできるレベルだ。

「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」ベンチマーク結果

「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」ベンチマーク結果
 1280×720ドット1920×1080ドット
標準品質4684(快適)2325(普通)
高品質2946(やや快適)1431(設定変更が必要)
最高品質2007(普通)999(動作困難)

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」ベンチマーク結果

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」ベンチマーク結果
 1280×720ドット1920×1080ドット
標準品質6544(快適)3374(普通)
最高品質4981(普通)2335(やや重い)

負荷の高い作業でも楽々こなせる高いマシンパワー

 ベンチマーク結果からわかるとおり、「LIFEBOOK GH77/T」はハイエンド向けノート並みの優れたパワーを持っている。負荷の高い画像加工や動画編集にも向いている上に、中規模クラスの3Dゲームもプレー可能だ。

 だが試用中に1点だけ気になったところがある。それは起動直後にストレージのアクセスが頻発して、一時的にパフォーマンスが低下してしまうのだ。おそらくプリインストールアプリのアップデートや確認が行なわれているのだと思われるだが、起動してから数分間はディスクの使用率がほぼ100%のままだった。Windowsストアアプリなどで使わないもの削除すれば解決できるだろう。

起動直後の数分間は、ディスクアクセスが頻繁に行なわれる

 今回は「LIFEBOOK GH77/T」のスペックや実際の性能について紹介した。次回は、一歩踏み込んだ活用法について紹介しよう。

評価機の主なスペック
製品名LIFEBOOK GH77/T(本体)
価格(税別)オープンプライス(店頭想定価格24万円前後)
CPU第4世代Intel Core i7-4712HQ(2.3GHz)
チップセットMobile Intel HM86 Express
メインメモリー(最大)8GB DDR3L PC3L-12800(8GB)
グラフィックス機能Intel HD Graphics 4600(CPU内蔵)
ストレージ約2TB HDD(SATA)
光学式ドライブUSB接続BDXL対応Blu-ray Discドライブ
LAN機能無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、有線LAN(1000BASE-T、WoL対応)
インターフェースNFC、HDMI端子、USB 3.0端子×4、Bluetooth 4.0+HS、WiDi、Cavium(ワイヤレスディスプレー用)
カードスロットSD/SDHC/SDXC
カメラHD Webカメラ、有効画素数92万画素
センサー人感センサー(焦電センサー)
テレビ機能-
サウンド機能マイク・ラインイン兼用端子、ヘッドホン・ラインアウト端子
本体サイズ幅185×奥行き241×高さ188mm
重量約1.9kg
オフィスソフトOffice Home and Business Premium プラス Office 365 サービス
OSWindows 8.1 Update(64bit)
評価機の主なスペック
製品名LIFEBOOK GH77/T(ディスプレー部分)
ディスプレー(最大解像度)15.6型ワイド IPS液晶(1920×1080ドット)、タッチパネル
通信距離最大約30m
インターフェースヘッドホン端子
本体サイズ幅385×奥行き255×高さ9.8mm
重量約980g
バッテリー駆動時間約4時間(JEITA Ver.2.0)


富士通 LIFEBOOK GH

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通