このページの本文へ

市民が集めた情報をリアルタイムで集約・共有

災害情報をスマホの写真で共有! 富士通がインドネシアでシステム運用

2015年03月23日 16時34分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
システムのイメージ

 富士通は3月23日、インドネシア・ジャカルタ特別州にてスマホを利用した市民参加型災害情報共有システムの運用を開始したと発表した。

 独立行政法人 国際協力機構インドネシア事務局より受注したシステムで、参加したユーザーがインストールしたアプリを使って災害情報や写真を送ればその情報が位置情報とともに地図上にプロットされ、ユーザーが見ることができる。

スマホ画面イメージ

 防災局などとの連携によって各地の河川水位や雨量情報もアプリ画面で確認が可能なほか、警報・災害情報はスマホへプッシュ配信される。各種センサーによる災害観測設備網を導入するよりも安価に災害情報共有でき、住民の自発的な防災意識を高めること繋がるという。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通