このページの本文へ

400GbEイーサネットも視野に入れた世界最高クラスの光通信

NTT、既存100G光ケーブルで400Gの安定通信技術を確立

2015年03月23日 15時46分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

伝送実験の構成(概要)

 日本電信電話(NTT)およびNTTコミュニケーションズは3月19日、既設の100G光ファイバーケーブルで4倍の400G光高速通信のフィールドトライアルに成功したと発表した。

 新たに、光の位相と振幅の両方に情報を重畳して、さらに多値化を図る400G光送受信系を開発、波形歪み補償技術を活用するとともに誤り訂正技術も高性能化させている。

 既設100G光ファイバーケーブルを用いてテストを行ったところ良好な結果が得られ、100G通信が同時に伝送される混在においても影響がないことを確かめた。実験環境においては750km以上の長距離伝送が可能なことを確認した。

 NTTでは、4Kや8Kの高解像度映像の流通拡大などにより、今後基幹光ネットワークのトラフィックは飛躍的に増加すると見ており、既設光ケーブルを用いることで低コストで伝送量増加に対応できる本技術の実用化に向けて開発を推進するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン