このページの本文へ

テレビ視聴中の「ながらスマホ」、4割以上で習慣化

文●通販通信

2015年03月17日 04時41分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)ジャストシステムがこのほど公表した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」によると、テレビ視聴しながらのスマートフォンを閲覧する「ながらスマホ」が習慣化している人が4割以上に上ることがわかった。

 同調査は、同社のセルフ型ネットリサーチ 「Fastask」を利用したアンケート調査で、20~60代の男女1100人を対象にしている。

 プライベートでインターネットにアクセスする機器(複数回答)では、ノートPCがトップで62.2%、次いでスマートフォンが52.4%、デスクトップPCが42%、タブレット型PCが21.4%、通常の携帯電話が20.5%だった。

 TV番組を視聴しながらスマートフォンのコンテンツを閲覧するかどうかの質問では、15%が「頻繁にする」、28%が「ときどきする」、21%が「あまりしない」と回答。4割以上がで「ながらスマホ」が習慣化している実態が明らかになった。また、TV番組視聴中の行動では、「WEB閲覧」「LINE」「ゲームアプリ」が特に多かった。

 WEBサイトで商品を調べてから店舗で購入する「Webルーミング」は、59.5%が経験しており、そのうち3人に2人がWebルーミングで「買い物がより楽しくなる」と回答した。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く