このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今年も話題のスマホがたくさん発表! MWC 2015レポ第29回

UbuntuとTizenを搭載したスマホをネッチリ触れてきた

2015年03月14日 15時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Tizenブースではサムスン製のミドルレンジモデルが展示!

 NTTドコモやサムスン電子、モトローラ、ボーダフォンなどが共同で推進しているモバイルOSのTizen。こちらもなかなか端末が出なかったが、サムスンがスマートウォッチ「Gear S」のOSに採用したり、「Samsung Z1」を今年に入ってからインドやバングラディッシュで発売したりと、サムスンが孤軍奮闘しているイメージがある。

 MWCでは現在唯一のTizenを採用したスマホ「Samsung Z1」が展示されていたので紹介しよう。

 スペックはエントリー市場向けで、ディスプレーが4型(480×800ドット)、CPUは1.2GHz動作のデュアルコア、メモリー786MB、内蔵ストレージ4GB、そしてデュアルSIMを採用している。サイズは約63.2×120.4×9.7mmで、重さは112gと軽量コンパクト。バッテリー容量は1500mAhとまずまず。カメラはリアが310万画素でフロントがVGAとなる。

 触ってみた印象は、ローエンドだけどヘビーに使わなければ実用性に問題ないレベル。このへんのチューニングはさすがサムスンだ。インドでは日本円で約1万円程度で販売されているらしいので、この価格でこのスペックなら日本でも欲しい人がいそうだ。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン