このページの本文へ

「情報漏えい対策オプション」でマイナンバーなどの特定個人情報流出をブロック

トレンド、企業向けウイルスバスターでマイナンバー保護対応

2015年03月11日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トレンドマイクロは3月10日、企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」において、新たに「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」の運用におけるセキュリティに対応したことを発表した。マイナンバーなどの特定個人情報の外部漏洩をブロックする。

 今回トレンドマイクロは、ウイルスバスター コーポレートエディション(Ver 10.6/11.0)のオプション製品「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」において、マイナンバーテンプレートの提供を開始した。

 同オプションは、機密情報や個人情報が含まれるファイルの流出を監視/ブロックする機能を提供するもの。マイナンバーテンプレートを適用することで、マイナンバーなどの特定個人情報を含むファイルをUSBストレージにコピーしたり、メールに添付したり、オンラインストレージにアップロードしたりする操作をブロックできる。

「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」にマイナンバーテンプレートを適用することで、マイナンバーを始めとする特定個人情報の外部漏洩を防ぐ

 さらに管理サーバー「Trend Micro Control Manager」との連携によるデータ検出機能を使って、クライアントPC上に保存されているファイルの中身をスキャンし、一定数以上の特定個人情報が含まれるファイルが保存されていないかを確認、可視化できる。これにより、特定個人情報の不適切な保管がないかをチェックすることが可能になる。

 トレンドマイクロでは今後、その他の企業向けセキュリティ製品においてもマイナンバー制度への対応を進めていく予定だとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ