このページの本文へ

「Shufoo!」と京大、ユーザー別の電子チラシ配信を開発

文●通販通信

2015年03月10日 08時36分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

参考資料 凸版印刷(株)は10日、電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)で、京都大学大学院情報学研究科准教授の新熊亮一氏と電子チラシの「次世代レコメンド配信サービス」を共同開発し、4月から実証実験を開始すると発表した。

 同サービスでは、京大が開発した行動予測技術を利用して「Shufoo!」のアクセスログ情報を解析。ユーザの行動やニーズを予測してユーザごとに最適化した電子チラシを配信する。実証実験の結果を踏まえ、2015年度中に全「Shufoo!」ユーザを対象にした本格的なサービスの提供を目指す。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く