このページの本文へ

Android 5.1が早くもリリース! 盗難時の端末ロック機能など追加

2015年03月10日 17時05分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルはAndroidの新バージョン、Android 5.1を発表した。開発者向けサイトでは、Nexus 5、Nexus 10、Nexus 7(2012、Wi-Fi版)用のイメージもすでに配布されている。

コードネームはLollipopから変更無し

 Android 5.1は、コードネーム“Lollipop”が5.0から変更になっていないことからもわかるように基本的にはマイナーアップデートにあたる。

 新機能として、オフィシャルブログでピックアップされているものとしては「Device Protection」がある。これは端末が盗まれたときなどに、Googleアカウントでサインインしない限り、端末を工場出荷時にリセットしても、ロックされたままになるというもの。この機能はNexus 6やNexus 9など、Android 5.1とともに出荷される端末で対応している。

 このほかでは複数SIMの切り替えのOSレベルでの対応、Nexus 6+T-mobile/Verizonでの音声通話時のHDボイスのサポート、通知領域のQuick SettingsからのWi-FiやBluetoothの接続先変更などが追加されている。

通知領域を引っ張り出すことで利用できるQuick Settingsのアクセスポイント表示の右に、小さな矢印が表示されるようになった。これをタップすると接続先が選択できる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン