このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2015年の転換期、メーカーはパソコン市場をこう考えている ― 第7回

今年もユニークな製品が登場?

1月から新製品続々! 2015年のデルはこう攻める

2015年03月07日 12時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エンドユーザーコンピューティング事業本部 クライアント製品マーケティング本部 マーケティング本部長の田中源太郎氏(左)、クライアント製品&ソリューションマーケティング本部 コンシューマーブランドマネージャーの塚本陽子氏(右)

 狭額設計により、11型サイズの筐体で13型液晶を搭載するノートPC「XPS 13」、インテルのRealSenseカメラを搭載した世界初のタブレット「Venue 8 7000」など、1月から特徴的な製品を次々と投入し、攻めの姿勢を見せているデル。

 デルは、2015年のPC市場にどのような戦略で臨むのだろうか。デル クライアント製品&ソリューションマーケティング本部 コンシューマーブランドマネージャーの塚本陽子氏、エンドユーザーコンピューティング事業本部 クライアント製品マーケティング本部 マーケティング本部長の田中源太郎氏に、今後の展開やデル製品の選び方などのお話をうかがった。

2014年は「あらためて振り返ると、いい年だった」

 ――特にコンシューマー向け製品について、2014年を振り返っての所感をお聞かせください。

塚本 「2014年の大きなトピックといえば、やはり4月の消費税増税とWindows XPのサポート終了だと思います。新生活の時期は例年も売り上げが伸びるのですが、昨年はさらに大きく伸びていたので、増税のインパクトはかなり大きかったようです。特に、デスクトップをお買い上げになるお客様が多かったですね。

 その後はPC市場もだいぶ冷え込んだと言われていますが、弊社としては数多くの製品を投入いたしまして、おかげ様で2014年通してのシェアは拡大しております。いろいろあった年ではあるんですが、あらためて振り返ると、いい年になったのかなとは思います」

 ――個人的には、ゲーミングPCで面白い製品が次々に出てきたな、という印象もあるのですが。

Steam直結のコンソール機「ALIENWARE Alpha」、外付けGPUドック「ALIENWARE Graphics Amplifier」など、昨年は特徴的なゲーミングの製品が多く登場した

塚本 「ALIENWAREですね。昨年末に投入した『ALIENWARE Alpha』は各所で取り上げていただき、ゲームショーでもフィーチャーしていただいたので、おかげ様で売り上げも好調です。ゲーミングで小型のコンソール機という、日本にあまりなかったタイプの製品群ですし、ALIENWARE独自のユニーク性も出せているのかなと思います」

 ――2015年はWindow 10のリリースやCPUの置き換えなど、PC市場が動く年になるかと思います。すでにいくつかの製品を投入されていますが、御社としては「今年はこのような方向へ進んでいく」というビジョンはあるのでしょうか。

塚本 「年明けに『XPS 13』と『Inspiron 15 7000』という上位機種をリリースさせていただきましたが、いわゆる普通のクラムシェル型のノートでも、こうした特徴的な製品をまず1月に投入しています。特にXPS 13は、いい意味で『今までのデルらしくない』製品だと自負していますね。今後の具体的な予定は申し上げられないのですが、予想されている通りOSやCPUの切り替えなどありますので、そのタイミングでまた取材に来ていただければ(笑)」

 ――そうですね、ぜひまたお伺いいたします(笑)。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン