このページの本文へ

アマゾン、SIAに参加…違法・有害製品の排除へ

文●通販通信

2015年03月03日 02時23分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 アマゾン ジャパン(株)は2日、(一社)セーファーインターネット協会(SIA)に賛助会員として参加し、違法・有害製品の排除に向け、第三者機関とのパートナーシップを強化すると発表した。

 同社はSIAの賛助会員となることで、SIAから違法・有害製品に関する情報提供を受け、その情報に基づいた対策を実施する。SIAは、ネットに関連した社会問題の解決や利用者のリテラシー向上のための取り組みを行っている。基幹事業の「セーフライン」では、ネットユーザーからの違法・有害情報の受け付け、パトロール、警察への通報やサイト管理者・プロバイダなどへの削除要請などを実施している。

 SIAはネット関連の有志企業で構成され、正会員はヤフー(株)、アルプスシステムインテグレーション(株)、ピットクルー(株)の3社。賛助会員は、(株)ミクシィ、(株)サイバーエージェントなど6社となっている。

 ■一般社団法人セーファーインターネット協会

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く