このページの本文へ

Superfish問題に絡んで

レノボ、プレインストールソフトの最小限化を宣言

2015年03月02日 13時38分更新

文● 小林 久/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは2月27日(現地時間)、昨年9月から今年2月の出荷分まで、個人向けノートパソコンなど一部の製品にプレインストールしていた、アドウェア「Superfish」の問題に対して、企業としてのメッセージを米国で発表した(プレインストールとSuperfishとウェブサーバーの通信は1月に中止)。

 同社は、すでにSuperfishの自動削除ツールを公開。このソフトを使うと、Superfish本体だけでなく、Superfishがブラウザーとウェブサーバー間のSSL通信に割り込むために使う、不適切な電子証明書を、パソコンから削除できるようにしている。

 また、マイクロソフトやマカフィーとともに、セキュリティー強化のために取り組むことを表明していた。

 “レノボの「よりクリーンかつ安心なPC」へのお約束”と題した、今回のメッセージでは、Superfishを削除するためのツールを提供していること、ThinkPadおよびレノボ製デスクトップ・スマートフォン・Android タブレット・サーバー/ストレージなどのエンタープライズ製品はSuperfishを搭載せず危険性がないことを改めて強調。

 さらに、ユーザに対して、セキュリティーソフト「McAfee LiveSafe」のサービスを6ヵ月間無料で提供すると発表した。すでに、サブスクリプション契約をしているユーザーに対しては無料期間を6ヵ月延長する。

 また、レノボは今回の出来事を通じ、「『お客様のエクスペリエンス、セキュリティー、プライバシーこそ、私たちの最優先課題である』という原則を改めて強く認識しています。これを念頭に、私たちはプリインストール・アプリケーションの数を大きく減らす予定です。私たちのゴールは明らかです―「よりクリーンかつ安心なPC」を提供するリーダーとなることです」とコメント。

 Windows 10搭載製品を発売するまでに、標準のディスクイメージにOSとその関連ソフト、ドライバー、セキュリティーソフト、レノボ純正アプリケーションのみとし、「アドウェア」や「ブロートウェア」と呼ばれるものを排除する意向だという。さらにプリインストールソフトの情報をすべて公開し、それぞれが何をするものかを明確にするとともに、ユーザーコミュニティーや専門家からのフィードバックを求め、ユーザーエクスペリエンスの向上を確認していくという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン