このページの本文へ

星野リゾート トマムにも納入され、新たな空間演出を創造

パナソニック、スポットライト兼プロジェクター「Space Player」

2015年02月27日 16時55分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Space Player。床置き型(左)と天井取付型(右)  

 パナソニックは2月27日、照明と映像機能が融合した新空間演出システム「Space Player」の新製品2タイプを発表した。

 Space Playerはスポットライトとプロジェクターの機能を持つ装置で、対象物を照らしながら周囲に商品説明など映像を投映するという新たな空間演出装置。2014年7月に配線ダクト取り付けタイプを発売し、各種商業施設などに納入されている。

 新たに発売されたのは天井取付型と床置き型の2タイプ。いずれもレーザーダイオード光源で1000ルーメンの輝度と電動フォーカス・ズーム機能を搭載。装着されたSDカードの画像を再生するスタンドアロンタイプの映写のほか、HDMI接続やWi-Fi接続でパソコンから映像を出力できる。価格はいずれもオープンプライス。

星野リゾート トマムのアイスビレッジ 

 また、従来の配線ダクト取り付けタイプ5台が北海道にある複合リゾート施設「星野リゾート トマム」に納入され、一般のプロジェクターと組み合わせて「アイスビレッジ」の幻想的な演出に利用されているという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン