このページの本文へ

格安のエルゴノミクスデザイン採用マウスが上海問屋から発売

2015年02月26日 23時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、腱鞘炎のリスクを軽減できる、エルゴノミクスデザインを採用したUSBマウス「光学式 有線 エルゴノミクスマウス」(型番:DN-12371)が登場。ドスパラ パーツ館3Fで販売中だ。

腱鞘炎のリスクを軽減できる、エルゴノミクスデザインを採用したUSBマウス「光学式 有線 エルゴノミクスマウス」が上海問屋から登場

 自然な手首の状態で操作することができ、腱鞘炎のリスクを軽減できるというエルゴノミクスデザイン採用マウスの新モデル。手首をひねる動作が少なくなるようデザインされているので、自然な角度のままにマウスを握ることができ、長時間のマウス操作でも手首に負担がかからないという。また、この手の製品としては販売価格が安いのもポイントだ。

手首をひねる動作が少なくなるようデザインされているので、自然な角度のままにマウスを握ることができる

 主なスペックは、センサーが光学式で、ボタン数は右クリック、左クリック、スクロールホイルの3ボタン。接続インターフェースはUSB 2.0、ケーブル長は約188cmで、サイズは70(W)×120(D)×66(H)mm、重量は45g。価格は1389円(税抜)だ。

エルゴノミクスデザインを採用したUSBマウスとしては格安だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ