このページの本文へ

難燃性や抗菌性を備えた特殊繊維を採用

帝人、緊急時には担架になる防災毛布「もうたんか」発売

2015年02月25日 15時20分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
もうたんか(利用イメージ)

 帝人フロンティアは2月25日、普段は毛布として使用し、緊急時には担架として活用できる緊急防災毛布「もうたんか」を発売した。

 同社が独自開発したノンハロゲン系防炎剤と制菌加工剤をポリエステル繊維に練り込んだ難燃制菌素材「エースツイン」を素材に使用。繊維上に細菌が増殖しないほか、火災の際にも燃えにくく、有毒ガスも発生しない。

真空包装パッケージで販売される 

 毛布の周囲には取っ手となる穴が開いているため複数の人が支えることで担架としてケガ人を運ぶことができるほか、裾の部分が折り返しになっており、搬送される人の足を入れることで安定させやすい。

 販売パッケージは真空パック包装となっており、防災用の備品としても適している。サイズは幅140×奥行き200cm、耐重量は100kg。価格は2万7000円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン