このページの本文へ

印刷されたポスターとプロジェクターだけでできる新しいデジタルサイネージ

音楽室のバッハが笑う! NTT、静止画が動く「変幻灯」を開発

2015年02月19日 15時17分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
壁に貼られた肖像写真が笑うなど、楽しげな演出が可能となる

 日本電信電話は2月17日、静止画が動いて見えるような演出を与える光投影技術「変幻灯」を開発したと発表した。

 人間の錯覚を利用したもので、絵画や写真といった静止画に対し、その輪郭などに合わせて揺らめくように強弱を付けた光を投影すると、まるで絵が動いているように見える。

基本的なしくみ。静止画を取り込み、動かしたい部分の光を揺らめかせる 

 NTTでは、インテリアや広告、エンターテイメントなどの用途があると期待している。投影する光の強弱なので、直射日光下といった外光が強い場所などではさほど効果を発揮しないと思われるが、ポスターなどの張り紙+プロジェクターだけで動きのある演出が可能なため、液晶や有機ELなどの表示デバイスを用いず注目されやすいサイネージとして普及しそうだ。

見ている人との間にガラスがあれば立体物にも対応する。ショーウィンドウなどで応用できそうだ
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン