このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Adobe Photoshop Elementsが付属し、写真編集なども楽しめる

欲張りたい人に最高のPC! 4K液晶搭載の「Inspiron 15 7000」

2015年02月22日 12時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いまさら言うまでもないことだが、PCはけっこう高い買い物だ。最新モデルが出たらすぐに飛びつく! という相当ディープなユーザーはともかく、多くの人はPCを購入すると、数年間はそのモデルを使い倒すことになる。長期間使うものだからこそ、スペックにはこだわりたくなる人も多いのではないだろうか。

 もちろん、求める性能は使い道による。たとえば筆者の場合、日常の執筆・編集業務を快適にこなせるだけのCPU性能やメモリー容量は特に重視したい。ストレージの容量もできるだけ大きいほうが安心だ。もう少し欲を出すと、取材で撮ってきた写真や動画を編集するソフトも必要で、そうなると、高解像度で作業領域の広いディスプレーも欲しくなる。あとはPC用ゲームの記事を書くときのため、グラフィックカードも搭載しているとありがたい……なんて、上を見るとキリがないのだが、あれこれ考えているとつい欲張ってしまいがちだ。

Inspiron 15 7000

 大体はどこかで妥協点を探るのだが、今回、そんな筆者のワガママな要求を高い次元で満たしてくれるノートPCがデルから登場した。15.6型ノート「Inspiron 15 7000」は、グラフィックカード「Radeon R7 M270」を搭載し、写真・動画編集などに力を発揮する「Grapic Pro」シリーズのハイスペックノートPCだ。

 液晶違いの2モデルをラインアップしているが、今回は4K(3840×2160ドット)解像度のディスプレーを備え、16GBメモリーを搭載した最上位モデル「NEW Inspiron 15 7000シリーズ プラチナ」を取り上げ、デザインやスペック、使い勝手などをレビューしよう。

試用機のスペック
製品名Inspiron 15 7000
実売価格13万2980円(税抜き・送料込)
CPUCore i7-5500U(最大3.00GHz)
メインメモリー16GB
ディスプレー(最大解像度)15.6型グレア タッチパネル(3840×2160ドット)
グラフィックス機能Radeon R7 M270
ストレージ1TB HDD
光学式ドライブ
通信機能無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
インターフェースUSB 3.0端子×2、USB 2.0×1、HDMI端子、Bluetooth 4.0、100万画素HDウェブカメラ、セキュリティースロット
カードスロットSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
テレビ機能
サウンド機能ステレオスピーカー
本体サイズ/重量幅377.8×奥行き261.2×高さ19.9mm(概算値)/約2.11kg
OSWindows 8.1(64bit)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー