妥協なきモンスターPC、新生「VAIO Z」を探れ!

有識者がVAIO発表についてコメント

「VAIO Zは持てる全力で放り込んだ直球」――西田宗千佳氏

文●西田宗千佳 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは、第5世代Intel Coreプロセッサー(Broadwell-U)を搭載する新「VAIO Z」(VJZ13A1)を発表した。その見どころについて、フリージャーナリストの西田宗千佳氏にコメントをいただいたのでご紹介する。

全力の「直球」という印象

西田宗千佳氏

 ニーズはあるがライバルが少ないところに、持てる全力で放り込んだ直球……。これが新VAIO Zシリーズの印象だ。ちょっと高めだが、このエリアの製品としては完成度が非常に高く、「はまる人にはとことんはまる、換えの効かない」製品。一方、剛速球だが「直球」なので、「とにかく小さく」「見たこともないものを」求める向きには優等生的に感じられたかも知れない。

 「自分はクリエイターじゃないし……」という人には、Windows 10世代で求められる「タッチとペン・HiDPIディスプレイ・InstantGo・パワフル」の全部入りでも「モバイルで長時間駆動」という見方がお勧めだ。

 Windows 10は、これまで以上に随時進化していくOSになる。OSの端境期は次世代への備え、という面で不安を感じやすいが、この製品ならOK。「長く道具として使えるモバイルPC」としても選べる。しかも、細部の作りも愛着を受け止めるに十分だ。

西田宗千佳(にしだ むねちか)

 1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。 得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に取材記事と個人向け解説記事を担当。朝日新聞、読売新聞、アエラ、週刊東洋経済、月刊宝島、PCfan、YOMIURI PC、AVWatch、マイコミジャーナルなどに寄稿するほか、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。近著に、「顧客を売り場へ直送する」「漂流するソニーのDNAプレイステーションで世界と戦った男たち」(講談社)、「電子書籍革命の真実未来の本 本のミライ」(エンターブレイン)、「ソニーとアップル」(朝日新聞出版)、「スマートテレビ」(KADOKAWA)などがある。

(VAIO Zについての情報まとめはこちら)

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月