このページの本文へ

1GBの無料ストレージも付いてくる

アップルの「iWork」がWindowsでも利用可能に

2015年02月16日 16時07分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「iCloud Beta」でWindowsでも「iWork」が使える

 アップルは、MacやiOS端末を持っていなくても「iWork」を利用できる「iCloud Beta」を公開している。

 iWorkは、アップルが開発・販売しているオフィススイート。2013年10月からMacやiOS端末の新規購入者に対しては無償で提供されていたが、iCloud BetaからApple IDを作成することにより、Windowsユーザーでも、ワープロソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」、プレゼンテーションソフト「Keynote」、さらに1GBの無料ストレージを利用できるようになった。

 なお、iCloud Betaで作成したApple IDでは、正式版のiCloudにはログインできず、「カレンダー」「連絡先」などは利用できないようだ。

Apple IDを作成してログインするが、ここで作ったものは正式版のiCloudにログインできないようだ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中