このページの本文へ

アスキースマホ総研第48回

au VoLTEでシンク機能がスタート! その魅力をチェックするぞ!

2015年02月24日 15時55分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

それぞれのシンク機能はどういう場面で役に立ちそう?
実際にいろいろ試してみるぞ!

自分のスマホの画面をそのまま相手のスマホに見せる
「画面シンク」

ドロイド まずは画面シンク。これは、親にスマホの操作を教える際に役立ちそうですね。機械に強くない両親から電話が来て、でも口頭だと伝えにくいという場面があるじゃないですか。「右上のボタンを押せ」って言っても、微妙に違う画面を見ていたりとか。

スピーディー 面白いウェブサイトを教えるのに良さそうだね。「こんなオシャレなサイトがあってさ……」という話も、言葉だと伝えにくいでしょう。これなら、直接見せて伝えればいいわけだから。

画面シンクでは自分が見ているスマホの画面を通話相手と共有できる。面白いウェブサイトを見つけたときもいちいちURLをメールやLINEで送って、相手側でもクリックしてもらう必要などがなくなる

カリー ショッピングサイトで買ったものを見せたくても、ワンタイムのURLだと、そのURLを送っても相手側ではうまく表示されなかったりする。画面シンクでサッと見せた方がわかりやすそうです。

旅先で珍しいものを見つけたり、買い物で悩んだときに
「カメラシンク」

スピーディー これはもう、旅行に行ったときに景色を見せてあげるのに最高だよ。この前、キノコ狩りに行ったんだけど、これを使えばすぐに発見したキノコを見せられるよね。そうそう山の中でもauのLTEはばっちり圏内だった。

ドロイド この機能こそ、auの4G LTEのエリアの広さが威力を発揮するかもしれません。風景がきれいな場所は街中から外れているが多いでしょうし。

カメラシンクでは、自分のカメラに写っている映像をリアルタイムで相手のスマホで見ることができる

買い物で悩んだときなどにも便利である

カリー 黄色い新幹線を見かけたけど、アレってなに……とか。今だと、ラッピング車両とかも話題だし。他のお客さんの迷惑にならない範囲で伝えるのには最高です。

ドロイド 鉄道に乗るのが好きなので、今度旅に出たときに古い車両とか駅舎とか色々カリーさんに見せてあげますよ! 最近は特に全国のキハ40系のいろいろな編成を乗って回っているんですよー。

カリー ……現時点で、言っていることがよくわからないので、別に見せてもらわなくてもいいです。

スピーディー それ以外にも、たとえば頼まれごとの買い物でスーパーに行ったけど、どのブランドの醤油や洗剤を選べばいいか迷ったときに聞くとか。いつも使っているのと違うのを買って、怒られているお父さんとかも多いのでは?

2台のスマホの位置がバッチリわかる!
「位置シンク」

ドロイド 位置シンクは地図上にお互いの端末がどこにあるのかがバッチリ表示されるので、すごくわかりやすいですね。

スピーディー 慣れない場所だと、実はすごく近くにいるのに落ち合えなかったりとかね。目印を聞いても「それってどこ?」みたいなことってあるじゃん。「駅の近くにコンビニの前」とか言われても、どのコンビニだよ、みたいな。

位置情報を通話相手と共有できるのが位置シンク。位置情報はGoogleマップ上に表示される

ドロイド カリーさんは遅刻魔で蕎麦屋の出前状態で位置をウソつくときがあるから、問い詰めるのに便利そうですね。「もう飯田橋に着いたから、あと10分以内に着きます!」と言っているのに、位置シンクで確認されたら、まだ新宿にいるとか。

カリー 相変わらず酷い言われようだ! でも、今は「Ingress」とか、位置情報を使ったゲームがありますよね。アイデア次第で、いろいろな楽しみ方がありそうです。

手書きでメッセージや意思が伝えられる
「手書きシンク」

カリー これは画面に書いた手書きを共有できる機能ですね。通話だけじゃ伝わりにくいことも、手書きなら親しみを持って伝えられたりとか。

スピーディー 画面シンクと組み合わせるのが便利です。たとえば、地図を表示して、丸で囲んで「←ココ」って教えたり、ギャラリーアプリで「↑この写真が欲しいから、メールで送って!」とか。

双方で書き込んだ手書き文字を共有できる手書きシンク。画面シンクと同時に使える

ドロイド それにしても、お2人はリア充なせいか、いろいろなアイデアが出てきてうらやましいです……。


(次ページでは、「シンク機能でスマホのコミュニケーションが変わる!?」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン