このページの本文へ

富士通のパブリッククラウドサービスを活用し、富士通SSLが運用管理。

富士通SSLの「ディスク暗号化サービス」はクラウド利用で管理運用を軽減

2015年02月12日 15時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は2月12日、OSなどのシステム領域を含むHDD領域全体の暗号化の仕組みを月額のクラウドで提供する新サービス「ディスク暗号化サービス」を発表した。

集中管理が可能でありながら管理サーバーの自社導入が不要なクラウド型「ディスク暗号化サービス」

 ユーザー側で暗号化ツールをパソコンにインストールするだけ利用でき、HDD暗号化ツールの提供に加え、緊急時の暗号化解除や日々の問い合わせ対応などパソコンの情報漏えい対策をトータルで支援する。必要な期間、必要な台数だけ契約可能な月額制で、最短3か月/パソコン1台から契約できる。

 管理サーバーは、富士通のパブリッククラウドサービスを活用し、富士通SSLが運用管理。ユーザー側でのサーバー設置は不要で、運用管理の手間を軽減できるとする。

 価格は個別見積もりで、例として300ユーザーで月額32万4000円から。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通