このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」 第92回

2015年版Windows XPも!? 最新OSの普及が進まない中国の事情

2015年02月12日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
中国ではさまざまな2015年版Windows XPがリリースされている

中国ではさまざまな2015年版Windows XPがリリースされている

 「中国でWindows XPを使い続けている人はまだ半数以上いる」――セキュリティーベンダーの「奇虎360」(qihoo)が作成したレポート「2014年中国個人電脳上網安全報告」によると、中国におけるWindows XPのシェアは、サポートが終了した2014年4月時点では63.7%で、12月末時点では52.5%となった。11.2%減少したが、まだ半数以上の稼働するPCにWindows XPが搭載されている。

奇虎360によるOSシェアレポート

奇虎360によるOSシェアレポート

StatCounter Global StatsによるOSシェアレポート

StatCounter Global StatsによるOSシェアレポート

 各国ごとにOSやブラウザーシェアがわかるStatCounter Global Statsで調べてみると、2015年1月現在で、Windows XPのシェアはもう少し小さく32%程度、Windows 7のシェアは56%となっている。

海賊版ショップで売られる最新のWindows XP

海賊版ショップで売られる最新のWindows XP

 Windows XPのサポートは終了しているが、レジストリをいじって、Windows XPと同じカーネルを採用する組込み用OS「Windows Embedded POSReady 2009」のサポートを適応することで、セキュリティーアップデートを行なう方法が、IT系ニュースサイト「BetaNews」のWayne Williams氏によって発見された。

 Windows Embedded POSReady 2009のサポートは2019年4月まで受けられるものの、この方法でのセキュリティーアップデートをマイクロソフトは利用しないよう警告している。

Windows XPのサポートを続ける
中国のセキュリティーベンダー

 中国では、海賊版Windows XPの2015年版がリリースされている。バックアップとリストアを行なうノートン(シマンテック)ゴーストを利用したもので、その時々のWindowsと定番ソフトの最新状態とマルウェアが入ったシステムがバックアップされたものだ。

過去には四川大地震追悼版というモノクロ画面のインストーラーが特徴の海賊版Windows XPも

過去には四川大地震追悼版というモノクロ画面のインストーラーが特徴の海賊版Windows XPも

 Windows XPサポート終了まで、逐一最新のセキュリティーパッチを当てたバージョンが出てきたが、Windows Embedded POSReady 2009のパッチをあてた海賊版Windows XPはどうもないようで、「オフィシャルなWindows XPの最終状態+定番ソフトの最新バージョン」という状況になっている。

 以前「サポート終了で盛り上がり!? 中国のWindows XP事情」という記事でも書いたが、Windows XPのサポート終了時、中国ネット三大企業の1社である「騰訊(Tencent)」と、キングソフトこと「金山軟件」、奇虎360の3社がWindows XPのサポートを発表した。

 その中でも奇虎360の「XP盾甲」は、2014年4月から12月にかけて開催された、「COSEINC」「AV-TEST」「AV-C」といった、中国国内外のWindows XP向けセキュリティーソフトハッキング大会において、8度ナンバー1に認定されている。一部のテストでは、Windows Embedded POSReady 2009でパッチをあてた製品よりも強いというレポートが出ている。

 では、海賊版Windows XP 2015年版にXP盾甲なり、騰訊なり金山軟件なりのソフトが入っているかというと、これらも入っていない。確かにWindows Embedded POSReady 2009や、XP盾甲を利用しようとするヘビーユーザーは、いるにはいるが、どうも少数のようだ。

 Windows XPユーザーの多くが意地でWindows XPを利用しているのではなく、サポート終了を知らないWindows XPユーザーが引き続き海賊版Windows XPを利用している模様。電脳街のパーツショップでPCパーツを一通り買えば、無料で店側で組み立ててくれるが、その際にはWindows 7 Enterprise Editionがインストールされ、希望があればWindows 8かWindows XPをインストールしてくれるというのが、現在のトレンドのようである。

(次ページに続く、「中国政府はWindows 7のみを正規購入できるOSに認定」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン