このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(1月10日~2月9日)

【売上ランキング】ビデオカード搭載で快適ゲーミング

2015年02月11日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースフ ァンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

注目のミドルレンジGPU
「GeForce GTX 960」が登場

 NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 980」を搭載し、ベンチマークの世界記録を狙って設計されたGALAXY「GF PGTX980/4GD5 HOF」や、第2世代Maxwellアーキテクチャーを採用したNVIDIAの最新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 960」など、注目の新製品が続々と登場しているビデオカード。

 肝心なゲームも3月19日の発売が待たれる「バトルフィールド ハードライン」や、3月5日に発売される期待のオンラインアクションゲーム「Evolve」。そして、PS4より高いグラフィックス品質で遊べるPC版「メタルギアソリッド V グラウンド・ゼロズ」など、注目タイトルがいっぱいだ。

ズラリと並ぶ「GeForce GTX 960」搭載ビデオカード。GeForce 500や600シリーズからのパワーアップに最適な3D性能と魅力的な省電力性を備えている

 そんな最新ゲームにあわせて、最新のハイエンド、ミドルレンジGPUを搭載したPCやビデオカードへの買い替えを考えている人も多いことだろう。今回はそんなビデオカードの売れ筋ランキングを、品ぞろえ充実なBUY MORE秋葉原本店にお願い。1ヵ月間のビデオカードランキングを提供してもらった。さらに今最も注目を集めているGPUの「GeForce GTX 960」を搭載したビデオカード売れ筋トップ3も抽出している。

BUY MORE秋葉原本店

【取材協力】

トップはAMDの日本限定GPUの
Radeon R7 250XE

ビデオカードランキング 集計期間 1月10日~2月9日 BUY MORE秋葉原本店
順位 製品名 実売価格
1位 PowerColor「AXR7 250XE 1GBD5-HLE」
(Radeon R7250XE GDDR5 1GB)
8980円
2位 ELSA「GeForce GTX 750 Ti 2GB S.A.C(GD750-2GERT)」
(GeForce GTX 750 Ti、GDDR5 2GB)
1万7980円
3位 MSI「GTX 970 GAMING 4G」
(GeForce GTX 970 GDDR5 4GB)
4万5980円
4位 ASUS「GT610-SL-1GD3-L」
(GeForce GT 610、DDR3 1GB)
4680円
5位 ELSA「ELSA GeForce GTX 750 1GB S.A.C(GD750-1GERX)」
(GeForce GTX 750、GDDR5 1GB)
1万4800円
6位 GIGABYTE「GV-N75TOC-2GL」
(GeForce GTX 750 Ti、GDDR5 2GB)
1万8980円
7位 PowerColor「AXR5 230 1GBK3-HE」
(Radeon R5 230、DDR3 1GB)
3510円
8位 GIGABYTE「GV-N970IXOC-4GD」
(GeForce GTX 970、GDDR5 4GB)
4万4980円
9位 ELSA「GeForce GTX 960 2GB S.A.C(GD960-2GERX)」
(GeForce GTX 960、GDDR5 2GB)
3万3980円
10位 ELSA「GeForce GTX 980 4GB S.A.C(GD980-4GERXS)」
(GeForce GTX 980、GDDR5 4GB)
7万8980円
GeForce GTX 960ランキング 集計期間 1月23日~2月9日 BUY MORE秋葉原本店
順位 製品名 実売価格
1位 ELSA「GeForce GTX 960 2GB S.A.C(GD960-2GERX)」
(GeForce GTX 960、GDDR5 2GB)
3万3980円
2位 ASUS「STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5」
(GeForce GTX 960、GDDR5 2GB)
3万3980円
3位 GIGABYTE「GV-N960WF2OC-2GD-GA」
(GeForce GTX 960、GDDR5 2GB)
3万2280円
3位 ZOTAC「ZTGTX96-2GD5MGS01」
(GeForce GTX 960、GDDR5 2GB)
2万9130円

 ゲームは遊ばないがCPU内蔵GPUよりもちょっとパワーアップしたい、またはデュアルディスプレーを快適にしたいときに最適な5000円アンダーのローエンドGPUから、高品質グラフィックスで快適ゲーミングできるハイエンドGPUまで、今狙い目のGPUがわかりやすいランキングになっていると言える。

 1位はロープロファイル、1スロット仕様では最も高性能なGPUとなるAMDの「Radeon R7 250XE」搭載ビデオカード。

 BUY MORE秋葉原本店によると「補助電源不要で、息抜きにライトゲームを遊べ、価格も9000円を切る手ごろな価格帯なので、ロープロファイルと1スロットが必要なスリム型PCケースを使っている方以外にも非常にオススメしやすくなっているのが、売れ行き好調な理由ですね。よりゲームを重視する方には、2位や5位のGeForce GTX 750 TiやGeForce GTX 750が昨年と変わらず人気がありますよ」とのこと。

手ごろな価格で、小型PCのパワーアップにも使えるPowerColor「AXR7 250XE 1GBD5-HLE」。メーカー製スリムPCの性能アップにもオススメだ

 ビデオカード全体での人気メーカーを聞くと、「ローエンドやミドルローは、メーカーやGPUクーラーよりも価格重視で選ばれますが、アッパーミドル以上のクラスは、店員推し(笑)も影響してASUS、ELSA、MSIの3メーカーが売れ筋の定番かな」という。

 注目の「GeForce GTX 960」では、ELSA「GeForce GTX 960 2GB S.A.C(GD960-2GERX)」とASUS「STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5」が人気に。同率3位には若干安価でGIGABYTEと3万円を切るZOTAC「ZTGTX96-2GD5MGS01」がランクインしている。NVIDIAからの準ファンレス技術の提供により、4モデルともGPU負荷や消費電力が低いときにファンの回転を停止させる機能を備えているが、ELSA、ASUSは定評ある信頼性やネームバリューで人気になっている。

「GeForce GTX 960」を搭載したELSA「GeForce GTX 960 2GB S.A.C(GD960-2GERX)」。GPU温度が30度以下のときはファン回転を停止させる準ファンレス仕様で、3系統の4K解像度出力に対応

(→次ページヘ続く 「今週買いのパーツはコレ」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中