このページの本文へ

1台あたりの運用コストを従来の約90%削減

ゲリラ豪雨の被害を減らせ! 下水道氾濫の検知を低コスト化する新技術-富士通研究所

2015年02月10日 15時48分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通研究所が開発した、リアルタイムの下水道水位モニタリングシステムにおける、状況を考慮したセンシング省電力制御技術

 富士通研究所は2月10日、都市におけるゲリラ豪雨などによる被害軽減に向け、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術の開発を発表した。

 下水道の水位を調べる際など、水位計測機能を備えたセンサーをマンホールに組み込んで兆候を精度良く検知するためには、広域にわたってセンサーを設置する必要がある。だが、回線や電源などの専用施設や無線接続のセンサーなどで電池交換が必要な場合もあり、1台当りの運用コストが高く、広域への設置が困難だった。

下水の所要流水時間に基づくセンサー設置箇所の決定

 富士通研究所が開発したのは、地形や下水道管路の形状・距離によって生じる、上流から下流までの所要流水時間の分析から、センサーを組み込むべきマンホールの位置と数を決定する技術。これにより、約5分の1のセンサー数で、下水道全体の流れを把握・予測することが可能になったという。

従来例と本開発技術でのセンサー設置箇所の比較

 さらに、測定水位の変化状況を考慮して、測定パラメーターを最適に制御する技術も開発。状況に応じた測定精度を維持しながら、消費電力を約70%削減できるという。センサーを、太陽光発電のような自然エネルギーのみで動作させることが可能となり、1台あたりの運用コストを従来の約90%削減した。これらの技術を適用することで、都市における下水道氾濫被害の軽減につなげたいという。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通