このページの本文へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画」 第42回

艦これ・シンデレラガールズ・黒子・東京喰種・ジョジョ

二次創作のビッグタイトルがひしめく2015年1月期アニメ

2015年02月12日 18時00分更新

文● myrmecoleon

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダークホースでは「冴えない彼女の育てかた」が投稿拡大中

 このほか、放送中に投稿数が増加しつつあるタイトルとしては「冴えない彼女の育てかた」が挙げられます。

 「冴えない彼女の育てかた」は丸戸史明による富士見ファンタジア文庫のライトノベル作品。pixivではヒロインの「澤村・スペンサー・英梨々」「加藤恵」「霞ヶ丘詩羽」などがよく描かれています。またニコ動での投稿増加の要因としてはOP曲「君色シグナル」とED曲「カラフル。」のCDが1月29日に発売され、関連動画が上がったのがあるようです。

 ニコ動・pixivともに投稿数が大きく増加してきています。まだ目立った人気ではありませんが今後期待の作品と言えるでしょう。

 またオリジナルアニメ「ユリ熊嵐」はニコ動では投稿が落ちていますが、pixivでは投稿数が増加しています。キャラクターでは「百合ヶ咲るる」「百合城銀子」のイラストがよく描かれています。

『少女革命ウテナ』や『輪るピングドラム』の幾原邦彦監督によるオリジナルテレビアニメ「ユリ熊嵐」第一話の公式配信。タイトルの通り「百合」と「熊」がテーマの作品で、テンポよく楽しめる。OP曲はニコニコ動画などに楽曲を投稿していた「ボンジュール鈴木」が、ED曲はそれぞれボカロ曲を多数発表している「はいのことん」と「八王子P」が作詞と作曲を担当している点でも話題。

2015年1月開始アニメの主な12作品の関連タグについて、1月1日スタートで7日間ごとで区切ったニコ動での動画投稿数をグラフにしたもの。集計方法はグラフ1に同じ

2015年1月開始アニメの主な12作品の関連タグについて、1月1日スタートで水曜から翌火曜までの7日間ごとで区切ったpixivでのイラスト投稿数をグラフにしたもの

R-18人気とキャラクター人気

 R-18イラストは総数が大きいこともあり「艦隊これくしょん -艦これ-」「アイドルマスター シンデレラガールズ」「ジョジョの奇妙な冒険」「黒子のバスケ」などで多く投稿されています。次いで「夜ノヤッターマン」が多いです。

 R-18イラストの比率の高いタイトルでは前述の「夜ノヤッターマン」の他、「新妹魔王の契約者」「DOG DAYS''」「探偵歌劇ミルキィホームズTD」などが挙げられます。「新妹魔王の契約者」のイラストは作品自体の性格もあり3分の1の投稿がR-18です

 逆に比較的投稿数のあるなかでR-18イラストの比率の少ないタイトルとしては「デス・パレード」「神様はじめました◎」「少年ハリウッド」「美男高校地球防衛部LOVE!」「暗殺教室」「ユリ熊嵐」など。人気の高い作品では「デュラララ!!×2 承」「東京喰種√A」もR-18は少ないです。

 投稿数増加の傾向を紹介した「冴えない彼女の育てかた」は傾向としては男性投稿者寄りなのですが、今のところR-18イラストがあまり多くないのが面白いところです。

 R-18の比率が低い人気タイトルは海外投稿者の比率が高いケースが多く、過去に収集したデータ(前回記事紹介分)と関連付けて確認した範囲では上記の作品でその傾向が伺われます。特に「デス・パレード」の投稿者のうち2014年7月頃までにイラスト投稿を始めているユーザーに関しては半数が海外ユーザーでした。

 今回対象作品のキャラクター別の投稿数では「アイドルマスター シンデレラガールズ」の「渋谷凛」がトップ。次いで「東京喰種√A」の「金木研」、「黒子のバスケ」の「黒子テツヤ」、以下艦これの「島風」「加賀」「吹雪」と並びます。

 R-18イラストも「渋谷凛」がトップですが、次いで「夜ノヤッターマン」の「レパード」が二番手。三番手には艦これの「愛宕」が入り、以下「加賀」など艦これのキャラクターが並びます。「レパード」は約2割、「愛宕」は約3割がR-18イラストでした。愛宕の傾向は以前から継続しています。

二次創作人気の高いビッグタイトル揃い
一方で、アニメ化による投稿数増加はあまり見られず

 1月アニメも折り返しに入り、人気の傾向がはっきり見えてきています。

 今期は元々二次創作人気の高いビッグタイトルのアニメ化が多いため、これまでにないハイレベルの投稿数となっています。また「アイドルマスター シンデレラガールズ」の拡大が著しいです。

 一方で、放映期間中の投稿数の増加はあまり見られず、今後の動きとしては現状維持が見込まれます。

 下位では公式MMDモデルがきっかけとなった「夜ノヤッターマン」の人気が興味深いところです。新作では他に「冴えない彼女の育てかた」の投稿数の増え方が気になります。

 二次創作的な動きでは前回触れた「刀剣乱舞」の急上昇がありアニメのインパクトは若干薄れています(最近は艦これよりも1日あたりの投稿数が多い状況)。

 「SHIROBAKO」の「エンゼル体操」が話題になったり、「まじっく快斗1412」の新OP「アイのシナリオ」が歌ってみたなどでヒットしていたりと、前期から続くアニメでも動きがありました。放送中の「弱虫ペダル GRANDE ROAD」もレース終盤の盛り上がりで投稿数が増えています。

 今週はちょうどコミケのオンライン申し込みもあり(決済締切が本日いっぱいとなりますのでご注意を)、こうしたあたりから夏コミなどの新しい動きが出てくるかと思います。

 今後もニコ動・pixivのアニメ人気に注目していきたいと思います。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン