このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

エンジニア1000名の恒例イベントをフォトレポート

集客面の心配は杞憂?横浜開催の「CROSS 2015」は大成功

2015年01月30日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

綱引き大会の決勝はC vs Go!結果は?

 定時となる17時以降は、お酒の入ったコミュニケートセッションやアンカンファレンスがスタートした。毎年飲みきれないほど提供されるというサントリーのプレミアムモルツが飲み放題。これぞ有料イベントの醍醐味だ。

サントリーモルツが飲み放題!おいしい注ぎ方講座も行なわれた
ニフティの三竹社長の音頭の元、みんなで乾杯!

 また、デイリーポータルZの協力のもと、宗教論争になりがちな言語の優劣を綱引きで決めようという「プログラミング言語対抗綱引き大会」も開催。Java、PHP、C、Perl、Go、JavaScript、Python、Rubyのチームが異なる色のTシャツをまとい、ガチの勝負を展開。大いに盛り上がった。

大の大人が言語を背負って熱く戦う
8言語チームの熱い戦いを征したのはCを破った最若輩のGo!
Cに勝利し、世代交代を印象づけた(?)Goチームだが、なんときちんと書いているのは5名中1名だけという驚愕の事実が発覚

 都内の一等地から横浜に会場を移すという英断を行なった今年のCROSS。実際に足を運んでみれば、集客の心配はまったくの杞憂。夕方からは会場が満杯になる盛り上がりようで、大成功と言えるだろう。

街の明かりがとてもきれいなブルーライトヨコハマから、オオタニがお伝えしました。みなさま、おつかれさまでした

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ