このページの本文へ

イー・ガーディアン、「模倣品画像検知システム」を販売

2015年01月27日 09時09分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 イー・ガーディアン(株)は27日、模倣品画像を自動的に検知する「模倣品画像検知システム」の販売を開始した。

 同システムでは、目視により模倣品の画像・動画データをコアエンジンのデータベースに蓄積。対象の画像・動画をシステムが正しく判定できるかを数値で評価し、間違いがあれば自動学習する。この作業を繰り返すことで判別能力が向上する、としている。過去に不正利用された画像だけでなく、元画像から加工された画像までも発見できる。児童ポルノの事例では検知率が99.5%となっている。

 ■「模倣品画像検知システム」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く