このページの本文へ

デスクトップ向けグラフィックカードでノートPCの描写性能がアップ!

話題のALIENWARE 13&外付けGPUドックを写真で見る!

2015年01月28日 08時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発表以来大きな話題となっている、デルの外付けGPUドック「ALIENWARE Graphics Amplifier」。デスクトップ用のグラフィックカードを装着し、ノートPCのゲーミンググラフィックス性能を強化できるユニークな製品だ。今回、編集部にALIENWARE Graphics Amplifierと対応ノート「ALIENWARE 13」が届いたので、早速フォトレビューをお届けしよう。

ALIENWARE 13

13型ゲーミングノート「ALIENWARE 13」。第五世代Core iプロセッサー、GeForce GTX860Mを搭載するメカニカルな天板にはおなじみのロゴが。電源を入れるとロゴと2ヵ所のスリットが発光する
前面には特にインターフェースなし背面にはHDMIポート、Mini-Displayポート、ALIENWARE Graphics Amplifierポートと通気口を配置
背面には見慣れないポートが。これがALIENWARE Graphics Amplifierポートだ。PCI Expressベースの専用設計とのこと
右側面には有線LANポート、USB 3.0ポート×2を配置左側面には電源コネクター、セキュリティースロット、USB 3.0ポート、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子を備える
キーボードはテンキーなしのアイソレーションタイプ。キーストロークが長めで押しやすいヒンジ付近にはロゴをかたどった電源スイッチが。起動時には赤く発光する

ALIENWARE Graphics Amplifier

外付けGPUドック「ALIENWARE Graphics Amplifier」。前後に長い独特のフォルムが特徴
前面にはALIENWAREのロゴが。電源が入ると青く発光する天面にはインターフェースなし。まるでタワー型PCケースのようだ
左右側面には通気口となるスリットが。装着済みのグラフィックカードが見えてカッコイイ
グラフィックカードを装着した状態の背面。USBポートが4つ付いている上部のスイッチを押し、天面を押し上げると内部にアクセスできる
天面を開いた状態。電源ユニットとグラフィックカードが見えているグラフィックカードはASUSのGeForce GTX 670を装着してみた。ドック本体にグラフィックカードは付属しないので注意しよう。なお、AMD製GPUのカードにも対応する
横から見た状態。ケースは大型だが、中身はけっこうシンプルなことが分かる
前面には空冷ファンを内蔵

さっそくALIENWAREとドッキング!

これがALIENWARE接続用ケーブル。専用の設計なので普通のノートPCには接続できない
接続はコネクターを差し込み、ALIENWARE 13の電源を入れるだけ
ALIENWAREと連動する形で、ALIENWARE Graphics Amplifierも起動する。利用する前にいったんPCを再起動する必要があるので忘れずに

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー