このページの本文へ

Androidベースのガラケー「AQUOS K」を詳しくチェック

2015年01月25日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内ではまだまだ多くのユーザーが利用しているフィチャーフォン(ガラケー)。auにも「GRATINA」「MARVERA」といったモデルがあり、新製品も発表されている。

見た目も操作感もガラケーそのものの「AQUOS K」を詳しくレポートします!

 一方でプラットフォームの進化が難しくなり、ウェブを見るには性能が不足気味だったり、新サービスへの対応もサービス事業者側があまり力を入れなくなりつつある。

 そんな状況で登場したのが、シャープ製のau「AQUOS K SHF31」だ。CPUはクアッドコアのSnapdragon 400で、4G LTEに対応、Android 4.4を搭載するなど、ベースは完全にスマホである。しかし、外観はフィーチャーフォンそのものだ。

背面に時間の表示。そしてテンキーも。外見はフィーチャーフォンそのものだ
厚さは約17mmと防水対応の折りたたみ型端末としては標準的
ストラップホールももちろんあり。端子はさすがにmicroUSBだ。キャップレスで防水対応(防塵には対応しない)

 操作感についても、カーソルキーでメニューを操作して、真ん中のキーで実行するなど完全にフィーチャーフォンの世界。ディスプレーはタッチパネル非対応であることも含めて、過去にあった折りたたみ型筐体のAndroidスマホとはまったく別物である。

こちらはブラックのカラバリ
背面には滑りにくくする加工が

 端末を開発したシャープの話を聞いても、当時の折りたたみ型Androidスマホの課題を踏まえてのAQUOS Kということがうかがえる。たとえばタッチパネルを採用しないのは、折りたたみ型の小型画面ではそもそも操作しづらかったうえ、タッチパネルの存在はバッテリー消費に影響することが大きいようだ(搭載しないことでバッテリー駆動時間が延びる)。

 スマホをベースにしているだけに、ウェブの表示などはフィーチャーフォンと比べて圧倒的にスムーズ。なお、アプリの追加はGoogle Playには対応しておらず、auスマートパスからAQUOS Kに対応したものをインストールする形だ。

ウェブを表示させるとフィーチャーフォンとは大きな性能差が。ディスプレーはタッチ非対応だが、テンキー部分でカーソル移動やタップ、スクロール操作が可能な「タッチクルーザーEX」と呼ばれる機能が一部対応アプリで利用できる

 一方でこれまでのフィーチャーフォンの世界を支えてきたEZwebやBREWアプリなどは動作しない。それ自体は残念に思う人も多いだろうが、ケータイ用サイト/アプリのサポートを終了するサービスが出始めているのも現実で仕方ないところだろう。

メインの待受画面から、カーソルキーの真ん中のボタンを押すとメニュー画面が表示される
au系アプリがプリインストールされている。auスマートパスのページがポータル代わりでアプリの追加も可能だ
アラームや電卓、ワンセグ、おサイフケータイなど、ケータイに欠かせない機能はアプリではなく、ツールとしてあらかじめ用意されている
シャープ製スマホではおなじみの「フレーミングアドバイザー」と呼ばれる写真の構図をアドバイスしてくれる機能も。このあたりはスマホでの資産が活用されている

 テザリングにも対応し、タブレットとの2台持ちにも最適なAQUOS K。カラバリはレッド、ホワイト、ブラックの3色で、発売は2月下旬を予定している。

カラバリは3色
「AQUOS K SHF31」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 3.4型液晶
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約52×113×17mm
重量 約124g
CPU 1.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 4.4
最大通信速度 下り最大150Mbps
キャリアアグリゲーション ×
WiMAX 2+ ×
VoLTE ×
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS
バッテリー容量 1410mAh
FeliCa
ワンセグ
フルセグ ×
赤外線通信
防水/防塵 ○/×
卓上ホルダー
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約610時間/約470時間
連続通話時間(3G) 約620分
カラバリ レッド、ホワイト、ブラック
発売時期 2月下旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン