このページの本文へ

過去の人気曲も96kHz/24bitにてリマスタリング

ベルリンフィルをハイレゾで! 4月に演奏会をネット中継

2015年01月22日 18時47分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東京・春・音楽祭」と、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏をライブ・ストリーミング配信する。画面は本実験の特設サイト

 インターネットイニシアティブ(IIJ)、コルグ、サイデラ・パラディソ、ソニーの4社は1月22日、「Direct Stream Digital(以下DSD)5.6MHz」ハイレゾ音源によるライブ・ストリーミング配信の公開実験を行うことを発表した。

 「東京・春・音楽祭」と、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の協力を得て演奏会を世界中に配信する。予定は、4月5日の11:00~20:00が、「東京・春・音楽祭2015」で行われる「東京春祭マラソン・コンサート vol.5 <<古典派>>~楽都ウィーンの音楽家たち」。4月12日の2:00~4:40が、ベルリン・フィルハーモニー・ホールで行われるサー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルの演奏会「ベルリオーズ<<ファウストの劫罰>>」

 DSD5.6MHzは、アナログ音源をデジタルに変換する際の変換方式の一種。ハイレゾ音源配信のフォーマットとして普及しており、CDの128倍のサンプリング周波数で膨大な情報量を記録する。

 ただ、そのデータ量の多さから、DSD5.6MHzでライブ・ストリーミングを行うことは技術的に世界でも画期的な試みとなる。本実験では、KORGがライブ音源のエンコードを、KORGとソニーでDSD信号処理を行い、IIJがストリーミング用のプラットフォームとネットワークを提供する。

配信概要図

 視聴するには、PCと本実験専用ソフトウェア、対応DACが必要だ。対応ソフトウェアは特設サイトからダウンロード可能。DSD5.6MHz対応DACは下記のとおり。

  • KORG DS-DAC-10
  • KORG DS-DAC-10-SV
  • KORG DS-DAC-100
  • KORG DS-DAC-100M
  • ソニー USB DAC アンプ UDA-1 (Windowsのみ)
  • ソニー ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2 (Windowsのみ)
  • ソニー ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 (Windowsのみ)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン