このページの本文へ

濃い緑茶と爽やかな4種のハーブの力でさえるお茶。ちなみに無糖

「世界のKitchenから」の新作は、緑茶とハーブの「晴れ茶」

2015年01月21日 19時19分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「キリン 世界のKitchenから 晴れ茶」。デザインはギリシャのモザイク柄がモチーフとのこと

 世界のKitchen、ギリシャのお母さんからハーブの知恵を拝借。

 キリンビバレッジは、「キリン 世界のKitchenから」ブランドより、「キリン 世界のKitchenから 晴れ茶」を2月24日から発売する。価格は151円。

 高温で淹れた濃い緑茶に、ハーブの中でも特にリフレッシュできるといわれるレモングラス、ミント、ローズマリーと、前向きな気分になれるというゼラニウムの4種のハーブソースをブレンドした。ハーブの力強い香り立ちが感じられる、爽やかで飲みやすい味わいになっているという。

 ハーブ発祥の地と言われるギリシャのお母さんが毎日の食事にハーブをたっぷり使い、家族みんなを元気にするという知恵をヒントに作られたそう。ちなみにネーミングの由来は、「緑茶とハーブがもたらす“晴れ”の気分を堂々と表現しました」とのことだ。

 「キリン 世界のKitchenから」ブランドは、2007年に発売し、手作り感・キリンならではの“ひと手間”・家庭的なイメージなど独自の価値で人気を博している。昨年の販売実績は、発売初年度と比較すると、約8倍にまで拡大しているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ