このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」 第4回

自宅を事務所にしてるフリーランス必見!

確定申告、自宅の家賃・電気・ネット代はどうしたら経費になる!?

2015年01月27日 11時00分更新

文● 画●あべかよこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自宅にある仕事用プリンター。本体は一部経費でインク代は全額経費

あべ たとえば、自宅で仕事にもプライベートにも使っているプリンターのインク代とかってどうしたらいいんでしょう?

宮原 それもやはり、割合ですね。

あべ じゃあ、プリンターのインクセットを6000円で買って、使い終わるまでに仕事の資料をどれだけ印刷したか、家族のプライベート写真をどのくらい印刷したか……って、正確には管理しきれないし、だいたいでいいんですか?

宮原 ただ、この辺りは全額経費とする方が多いです。「少額不追求」という言葉があって、そこで数百円の差額が生じたところで税務署が突っ込んでくるようなことはありません。

あべ じゃあ、自宅と仕事で使うプリンター本体を購入するときは? あ、10万円以下だったら、減価償却の対象じゃないから全額経費でいいのかしら!

宮原 その場合は、経費として入れるときに、仕事として何割使うので総額の何割を経費に、という感じで少しわけた方がいいですね。

あべ パソコンもそうですよね。基本的にはずーっと仕事してますが、レシピ検索したり家族で遊びに行く場所を探したりなんてことに使うことはあります。でも、全体の割合としてはすご〜く少ないんですが……

宮原 それが「微々たるものだ」と確信を持って言えるのであれば、全額経費でいいでしょう。

あべ う〜ん、でも、ちょっぴり後ろめたいから、今後そういうことがあったら少し引きます(笑)

仕事用に用意した家具は、もちろん経費

あべ その他、家の中のもので経費になりうるものってありますか?

宮原 そうですね、例えば家具類。デスクやイスなど、仕事用に購入したものは、もちろん経費です。

あべ じゃあ、仕事の資料の漫画類を入れている書棚も経費でOK?

宮原 「仕事の資料を入れる」という用途であれば、それは経費です。

あべ 下の段には好きな漫画が入ってても?

宮原 そっ……それが、仕事の資料であれば……。

あべ あ、じゃあ、資料ってことで。

宮原 繰り返しますが、「〜ってことで」はダメです! 前回もお話した、「仮装隠蔽」になりますよ!(※前回記事参照)

あべ すべて、私の仕事の資料です! キリッ!

 

 家賃も電気代もコーヒー代も、きちんと説明ができれば経費にできるってことで安心しましたね。食事の時は領収書に“○○さんと打ち合わせ”と書いておくといいですね。なんだか季節がら、鍋料理の店で打ち合わせがしたくなってきました。でもそんなに都合よく行かないのが世の中ですよねえ。

 次回は確定申告相談を総まとめ。申告ソフトを使って申告書を作った場合、自宅のプリンターで印刷していいの? その他、まだまだわからない確定申告の質問を税理士・宮原先生に、1000本ノックだ!(いや、1000本もないです……)



 

あべかよこ

 マンガ家。難しい内容を簡潔にわかりやすく、解説するマンガが得意。資格試験用の解説マンガ、技術やサービスなどの取材マンガ、広告・PR用マンガなどのお仕事多数。著書「マンガ はじめて家を建てました!」ダイヤモンド社ほか。

http://www.abech.sakura.ne.jp/

 

宮原裕一(税理士) 

 1972年生まれ。税理士。弥生認定インストラクター。弥生会計を10年以上使いたおし、経理業務を効率化して経営に役立てるノウハウを確立。自身が運営する情報サイト「弥生マイスター」(http://www.yayoi-meister.com/)は全国の弥生ユーザーから好評を博している。

http://www.ymtax.jp/
   

(提供:弥生)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新