このページの本文へ

論理総容量は6.4ペタバイト、OpenStack Swiftを採用してNTTデータが構築

「ドコモメール」が国内最大級のクラウドストレージ構築

2015年01月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは1月14日、利用者およそ1800万人のクラウド型メールサービス「ドコモメール」のインフラとして、新たに構築したクラウドストレージの本格稼働を開始した。“日本国内で最大級”となるペタバイトクラスのクラウドストレージを、「OpenStack Swift」ベースで実現している。

 構築を手がけたNTTデータが1月15日、導入事例として公開した。

NTTデータがドコモメール向けに構築した「プライベート・クラウドストレージ・ソリューション」の概要

 ドコモメールは、スマートフォンやタブレットのアプリ、PCブラウザから利用できるメールサービス。デコメ(デコレーションメール)や手書きメールなどの機能があり、ユーザーが送受信したメールはすべてドコモ側に保管される。

 2013年10月の提供開始以来、利用者は順調に増えており、2014年12月末時点で利用者は1800万人に達した。NTTデータでは、急増するドコモメールのアーカイブ量に柔軟に対応するため、OpenStack Swiftベースの「プライベート・クラウドストレージ・ソリューション」を採用、インフラを構築した。

 今回構築されたクラウドストレージは、論理容量の合計が6.4ペタバイトあり、国内最大級の規模となる。さらに、今後もメールデータの増加に合わせて随時拡張することが可能となっている。アーカイブされたメールデータは、地理的に分散した拠点に重複保存され、障害や大規模災害の発生にも耐えうる仕組みとなっている。

 NTTデータでは、今回採用されたプライベート・クラウドストレージ・ソリューションを、他のクラウドサービスにも適用していく予定。またNTTソフトウェアイノベーションセンタとも連携して、OpenStack Swiftのエンタープライズシステム適用も実施していく方針だとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ