このページの本文へ

「やよいの青色申告 オンライン」で確定申告! 第2回

弥生社員・又吉が確定申告をレクチャー

クラウドだからできる! 銀行・電子マネーの入出金履歴をらくらく取込

2015年01月22日 11時00分更新

文● 下境敏弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

あのTwitterとも! ご利用になれる外部サービスがどんどん増えてます

 スマート取引で、やよいの青色申告 オンラインにデータを取り込める連携先はどんどん増えてます。POSレジのデータを取り込める「Airレジ」とか、電子請求書を作成する「misoca」とか、やよいの青色申告 オンラインに直接取引入力ができる「bizNote for 弥生オンライン」もリリースされました。さらにSNSではあのTwitterも! 仲間が増えて、ますます強力になるやよいの青色申告 オンラインなのです。

 では、現在(2015年1月)の連携サービスを表にまとめてみましたので、ご覧ください。


スマート取引取込の外部サービス その1
口座情報一括管理サービス 取引入力アプリ SNS
名称/提供 MoneyLook
(マネールック)
Zaim
(ザイム)
bizNote
for 弥生オンライン
(ビズノート フォー ヤヨイオンライン)
Twitter
(ツイッター)
内容 銀行、証券、カードなどの金融口座等の残高、明細管理ができる。家計簿や資産の管理や、貯蓄や買い物の目標設定からグラフ化して見せる機能もある。「ログイン情報管理マネージャー」で高セキュリティを誇る。 レシートをスマホで撮影して品目・金額を自動で取り込む機能がある。金融機関の公式サイトに接続して入出金の記録を自動で取得。円グラフや棒グラフで表示できる分析結果は家計見直しに役立つ。 「やよいの青色申告 オンライン」へ直接取引入力ができるアプリ。他のアプリやサービスと組み合わせて使うこともできる。 サービス連携を設定すれば特定のメンション宛てに「バス代 200」などとつぶやくと、「スマート取引取込」に自動で取り込まれる。
対象データ 1,500以上の金融機関、クレジットカード、電子マネーの入出金データ 入力した取引入力データ ツイートした品目と金額
対応デバイス (アプリ)
iOS/Android
(Web版)
Windows/Mac OS

※Mac OSでは「ログイン情報管理マネージャー」が非対応
(アプリ)
iOS/Android
(Web版)
Windows/Mac OS
(アプリ)
iOS/Android
(アプリ)
iOS/Android
(Web版)
Windows/Mac OS
スマート取引取込の外部サービス その2
取引取込連携サービス
名称/提供 Airレジ
(エアレジ)
Misoca
(ミソカ)
スマレジ MakeLeaps
(メイクリープス)
内容 POSレジアプリ。注文入力と会計、売上・空席・予約・顧客・在庫管理からバーコード読み取りなど豊富な機能がある。 初期も月額も0円の請求書管理サービス。見積書・納品書・請求書が簡単に作成でき、クラウド上で管理。CVS、PDFでの保存も可能。メール配信や郵送(有料)まで自動で行える。 POSレジのクラウドサービス。iPhone/iPadアプリもある。1店舗ならベーシックなPOSレジが初期・月額費用ともに無料。売上・分析データや、在庫管理など300を超える機能を備える。 見積書、発注書、納品書、請求書、領収書の作成・管理・送付を一括でできる業務系クラウドツール。セキュアなWeb送付や郵送(有料)もできる。外貨・バイリンガルにも対応。
対象データ Airレジに登録した売上データ Misocaで請求管理をしたデータ スマレジに登録した売上データ MakeLeapsで請求管理をしたデータ
対応デバイス iOS/Android (アプリ)
iOS/Android
(Web版)
Windows/Mac OS
(アプリ)
iOS
(Web版)
Windows/Mac OS
(アプリ)
iOS/Android
(Web版)
Windows/Mac OS

 Zaimのように、パソコンのインターネットブラウザーでも、スマートフォンやiPhoneなどのアプリでも使えるサービスが多いです。AirレジはiPhoneやiPadのアプリですね。

事前準備をしておけば登録自体は簡単!

 銀行口座を「スマート取引取込」で利用するには、まずは口座情報管理サービスマネールックZaimに登録します。どちらかを選んで、各公式サイトで登録をすませてください。ちなみにマネールックはMacに対応していない機能があるので、Mac派の方ならZaimがよいかも。それと、事前に銀行のオンラインバンキングに申し込み、登録しておくことも忘れないでくださいね。

スマート取引の外部連携サービスとのスタートページ。連携できるサービスは、今後も増えていきますよ!

 連携させるための設定はめっちゃかんたんです。

 Zaimを例にご紹介すると、やよいの青色申告 オンラインの画面で[スマート取引取込]をクリック、Zaimを選んで新規登録(メールアドレスとパスワードを入力)するか既に登録済みなら「ログイン」すればOKです。あとは、Zaimのサイトで金融機関や電子マネーを登録して、連携すればいいだけです。

既にZaimを利用している方は「ログイン」から次の、連携サービスの設定へ進んでください

 さあ、やよいの青色申告 オンラインで実際に取引データ取り込んでみましょう。ログインしたら[連携する]、続いて[取り込みを開始]をクリックします。取引データが取り込まれたら、[他の事例から推測された取引]をクリックすればデータが一覧で表示されます。

セブン-イレブンなどで使えるnanacoをZaimから取り込んだ画面です。普段は見えない使い道も細かくわかってとても便利ですよね

 科目などは自動推測で処理されています。賢いでしょ。この自動仕訳は使えば使うほどかしこくなるようにプログラムされています。しっかり教育してあげてください。

 さて、最後に1つアドバイスさせてください。仕事に関する支払いをクレジットカードや銀行口座引き落とし、電子マネーなど現金以外で支払うようにすれば、あとあと取引入力が楽になります。個人用のクレジットカードとは別に、仕事用のクレジットカード(銀行の場合は仕事用の口座)を作っておくと管理がいっそう楽になりますよ。



(次ページ「Twitterのつぶやきをそのまま取り込める驚きの機能!」ヘ続く )


カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新