このページの本文へ

複数のブレードサーバーを切り替えるクロスバー構造採用

NEC、16CPU搭載可能なビッグデータ向けLinuxサーバー

2015年01月15日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは、Linux対応のエンタープライズサーバー「NX7700x/A2080H-240」を1月15日より販売開始する。

最新CPUインテル XeonプロセッサE7 v2製品ファミリーを16プロセッサ(240コア)まで搭載する「NX7700x/A2080H-240」

 最大15コアの最新CPUインテル XeonプロセッサE7 v2製品ファミリーを16プロセッサ(240コア)まで搭載でき、メモリ容量は最大12TBまで拡張可能。サーバー筐体に搭載された「AnalysisEngine」により、CPUコアやメモリを監視し、ハードウェア障害の際でも障害箇所の特定や障害原因や対策を管理画面に明示する自己診断機能を搭載する。また耐障害機能により、万が一I/Oエラーが発生した場合でも、リトライ処理の実施や対象のI/Oカードをシステムから切り離すことで、ただちにシステムを停止することなく業務を継続することが可能。

 サーバー筐体に複数のブレードサーバーを搭載可能なクロスバー構造を採用。高さ18Uに最大8枚のブレードサーバーを搭載可能で、物理パーティション機能により、ブレード単位で結合・分割することもできる。これにより、容易に性能の追加・分割が可能になるとともに、分割した各システムにおいて万が一障害が発生した場合でも、障害の波及や他システムの停止を回避することが可能。さらに、データ量の増加時にも、ブレードのパーティション区分の変更を行なうことで、最適な性能に合わせた拡張が実現する。

 大規模演算処理能力を効率よく利用できる柔軟な拡張性を持ち、ビッグデータを活用した需要予測システムや高度な仮想化機能を活用した大規模な統合システム基盤の構築に適するという。価格は税別4567万7800円~となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ