このページの本文へ

同社主力ネットワークオーディオの機能を継承しつつ普及価格帯に

マランツ、ハイレゾ対応ネットワークオーディオプレーヤー「NA6005」 

2015年01月15日 15時33分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NA6005

 ディーアンドエムホールディングスは1月15日、marantzブランドよりハイレゾ音源に対応したネットワークオーディオプレーヤー「NA6005」を発表した。2月上旬に発売する。

 同社のネットワークプレーヤー&USB-DAC「NA8005」と同等なオリジナル高速アンプモジュールHDAMおよびHDAM-SAにより電流帰還型フィルターアンプを構成、D/Aコンバーターにシーラスロジック製CS4398を搭載、アナログ・デジタル独立電源回路を採用するなど、上級ネットワークプレーヤーとしての機能を継承しつつ普及価格帯としたモデル。NA8005には搭載されていなかったラジオ(FM/AM)を搭載したほか、Wi-FiとBluetoothにも対応した。

ネットワーク経由で各種操作やプレイリスト編集が可能な新コントロールアプリ「Marantz Hi-Fi Remote」に対応

 DSD(2.8/5.6MHz)、FLAC、WAV、AIFF(192kHz/24bit)、Apple Lossless(96kHz/24bit)などのハイレゾ音源をネットワーク経由で再生可能。Wi-FiやBluetooth、USBのほか、光デジタル入力端子、マランツリモートパス入出力を装備。

メインシャーシにボトムプレートを追加することによって重心を下げ、外部からの振動による音質への影響を抑制するダブルレイヤードシャーシを採用、アナログ端子んは金メッキを施している  

 本体サイズは幅440×高さ104×奥行き329mm(Wi-Fiアンテナ除く)、重量は6kg。価格は7万3440円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン