このページの本文へ

CRYORIG「H7」

CRYORIGから高さを抑えたCPUクーラー「H7」が近日発売

2015年01月13日 23時15分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 来週発売予定となっている、CRYORIG製のサイドフロー型CPUクーラー「H7」のサンプル版がTSUKUMO eX.で展示中だ。

来週発売予定のCRYORIG製のサイドフロー型CPUクーラー「H7」

 「H7」は昨年発売された「H5」のバリエーションモデル。6mm径ヒートパイプ×3本を備えるヒートシンクは、フロントがハニカム構造になる“Hive Fin Design”を採用。空気の乱流を防ぎ、直線的なエアフローを実現する。

 サイズは123(W)×98(D)×145(H)mm、重量711g。高さを抑えたうえ、メモリースロット非干渉デザインを採用するのも特徴だ。冷却ファンは120mmサイズの「QF120 PWM」で、回転数330~1600rpm、騒音値10~25dBA、最大風量49CFMというスペック。対応ソケットはLGA 1156/1155/1150、Socket FM2+/FM1/AM3+/AM2+となっている。
 予価は4980円(税抜)で来週にも発売される予定だ。

145mmと高さを抑えた設計となるほか、メモリースロット非干渉デザインを採用する

単品販売予定のファンとの同時購入値引きも予定されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中