このページの本文へ

世界最軽量クラスの13.3型ノートPC

NECPC、レノボ共同開発の「Lenovo LaVie Z」がCESのベストPC賞に

2015年01月09日 22時32分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Lenovo LaVie Z HZ550」

 NECパーソナルコンピュータは現地時間の1月8日、レノボと共同開発した13.3型ノートPC「Lenovo LaVie Z HZ550」が、2015インターナショナルCESの公式アワードとなるEngadget誌”Best of CES Awards 2015”のベストPC賞を受賞したと発表した。

 「Lenovo LaVie Z HZ550」は、約779グラムという世界最軽量クラスの13.3型ノートPCで、日本国外で提供する最初の製品となる。

 主なスペックはCore i5、4GBメモリー、128GB SSDという構成だ。OSはWindows 8.1 Upgrade(64bit)を採用する。ディスプレーは13.3型のアンチグレアタイプでWQHD解像度に対応。無線通信機能として無線LAN(IEEE 802.11ac)とBluetooth 4.0を備えるほか、720pのカメラも搭載している。

 インターフェースとしてUSB 3.0端子×2、HDMI端子、SDカードスロット、ヘットフォン端子など。本体サイズは幅319×奥行き212×高さ16.9mm。

 提供時期については、米国で2015年5月からレノボの直販サイトを通じてパイロット販売を実施すると明らかにした。また、CESに出展している姉妹モデルのLaVie Z次期モデルについては、日本国内で2015年春より販売開始予定だ。

NEC Direct(NECダイレクト)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン