このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 第30回

Instagramは驚異の月間ユーザー数3億超え

カメラアプリ情勢早分かり! 国内ではLINEcamera絶好調、Instagramは?

2015年01月12日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
 そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。

Instagram

スマホ・SNSの普及で利用拡大

 2014年12月、Instagramの月間ユーザー数が3億人を超え、その6週間前に2億8400万人と発表されたTwitterのユーザー数を超えたことが話題となった。Instagramのユーザー数は過去9ヵ月で1.5倍に急増しており、日本でも登場以来、頻繁にメディアで取り上げられているカメラアプリだ。

 SNSで写真を公開する機会が多いスマホユーザーにとって、簡単に写真が加工できるカメラアプリはとても重要だ。Instagramを含めたカメラアプリのシェアや利用状況について見ていこう。

 まずは代表的なカメラアプリを見ていこう。冒頭でも述べたInstagramは、写真を加工・共有できるアプリとして2010年10月に米国で誕生。様々なフィルターが用意されている他、15秒の動画も作成できる。2012年にはFacebookに買収されている。

 LINE運営のLINE cameraは2012年4月に誕生。豊富なスタンプ機能の他、プリクラのように目の大きさや顔の輪郭などを変えられるビューティー機能なども用意されている。2014年4月時点で全世界で8000万ダウンロードを突破、国内でも2200万ダウンロードを突破している。

 スマホやSNSが普及したことによって写真を加工・共有したいというニーズが高まり、それを受けてカメラアプリが登場したといえよう。

LINE camera

国内ではLINE cameraが人気

 ここからは、カメラアプリの具体的なシェアについて見ていこう。エンジニアtypeとApp Apeの調べによると、2013年時点でのカメラアプリシェアは、1位が「LINE camera」(25.44%)。大まかに言って、Androidスマホユーザーの4人に1人が利用している計算になる。

 続いて、「無音カメラ(サイレントシャッター)」(21.28%)、「[高画質]良い無音カメラ」(4.67%)、「サイメラ(Cymera)カメラ&写真の効果」(4.21%)、「FxCamera」(3.64%)の順となっていた。「Instagram」は6位。

 LINE cameraの人気には、LINEの影響が大きいだろう。撮影時に音がしない無音系のカメラアプリは、撮影時に周囲に気を遣わなくて済むという理由などもありそうだ。

Instagramは米国ティーンに一番人気のSNS

 Instagramの米国での人気は高い。米投資銀行Piper Jaffrayのティーンエイジャーに対する調査「Taking Stock With Teens」(2014年秋)によると、利用しているSNSについての質問に対しての回答は以下のようになった。

 利用率のトップはInstagramで76%。Twitter(56%)やFacebook(45%)を大幅に上回ったのだ。なお、2014年春はFacebookが72%とトップで、Instagram(69%)やTwitter(63%)を上回っていた。わずか半年でFacebookの若者離れが進み、Instagramが逆転し大幅に躍進したというわけだ。

利用しているSNSは?(米国10代への調査)
サービス名 2014年春 2014年秋
Instagram 69% 76%
Twitter 63% 59%
Facebook 72% 45%
Printerest 21% 22%
Tumblr 21% 21%
Other 30% 21%

Piper Jaffray調べ

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ