このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

業界人の《ことば》から第125回

PC事業の手を緩めるつもりはない、デル郡社長

2015年01月06日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「デルは、PC事業が元気でないと成長がない。PC事業の手を緩める必要はない」
(デル・郡信一郎社長)

 デルが「Integrated IT Company」という新たなメッセージを発信しはじめた。

 2014年11月に、米国テキサス州オースティンで開催した同社プライベートイベント「Dell World 2014」において、デルの会長兼CEOマイケル・デルが使い始めたのが最初だ。

 「この言葉は、デルが目指してきた『ソリューションプロバイダー』の延長線上にあるものだ」と、デル株式会社の郡信一郎社長は語る。

 デルは、2014年に創業30年を迎えた。設立当初は、PC専業メーカーとして、直販モデルの強みを生かし、シェアを拡大。世界ナンバーワンのPCベンダーへと成長した。だが、直販およびサプライチェーンの強みだけでは競合他社との差別化が難しくなり、2007年にマイケル・デル氏がCEOに復帰してからは、独自事業にこだわった成長路線からM&Aによる事業拡大路線へとシフト。ここ数年はソフトウェア関連企業の買収を加速し、ソリューションプロバイダーへの変革に取り組んできた。

 現在、PCやサーバー、ストレージといった製品群に加え、ミドルウェア、アプリケーションソフトウェア、管理ソフトウェア、そしてセキュリティ関連製品といったように、ワンストップでソリューションを提供できる企業体質へと変革を図っている。その一方で、スマートフォンやパブリッククラウドサービスなど、デルの強みが直接的に発揮できない領域においては事業撤退を行うといったように決断も大胆だ。スマートフォン市場においては直接ハードウェア事業を行わない代わりに、モバイル管理製品で強みを発揮。パブリッククラウド領域においては、世界の主要クラウドプラバイダー各社に対して、サーバーやストレージを供給するといった動きをみせている。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ