このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2014 第3回

長~く使える極上のPCケース2014【CORSAIR/SilverStone/Lian-Li編】

2014年12月31日 12時00分更新

文● 千駄木 和弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

底面は180mmファン2基でまるまる覆われている。「正圧設計」のキモとなる“吸気を強めてケースの正圧化”を実現している

HDDはケース下部あるに3.5インチシャドウベイに固定する。正圧設計のキモとなる底面ファンのエアフローを遮らず、HDDの冷却もできる合理的な設置位置だ。そのかわり設置可能台数は2台までとなる

マザーボード裏には2.5インチシャドウベイを2基装備してストレージ容量を確保

さらにマザーボード裏には光学スリムドライブの固定アタッチメントを備える。5インチベイが皆無という割り切った内容のPCケースだが不自由さはない

操作系統は本体上部に電源ボタン、リセットボタン、オーディオ端子、USB 3.0×2をもつ。ホコリをふせぐゴムカバーが付属する

ケース前面裏側にあるスイッチは底面ファンの回転設定スイッチ(600/900/1200rpmの3段階)がある

底面が吸い込み口となるため、ケース底面には大型の防塵メッシュが設置されている。底面以外のエアフロー穴は排気となるため防塵メッシュやスポンジ類は装着されない。本当にどうでもいい話だが、この防塵メッシュの網目がすごく細かくて薄いため、何となくストッキングのような感じをうける。光沢加減が妙に艶かしくてエロいというか……。防塵メッシュでこんな気持ちになるとは!

設計哲学を徹底的に貫いた
一本芯のあるPCケース

 今までのRAVENシリーズもかなりトリッキーな設計だったが、今回の「RAVEN5」ではついに内部シャドウベイの大半が消失してしまった。

 正圧設計のエアフローを追求した結果ではあるが、普通はここまでやらないだろうと思うレベルまで徹底されているため気持ちがいい。

 正圧設計の結果として効率的な熱排出だけでなく、余計なパーツを削いだコンパクトさ、ファンを増設させないことによる静音性、ホコリを吸い込まないメンテフリーさを獲得している。

 冒頭でも述べたが冷却方法に正解はない。正圧設計の哲学に触れてみたいなら「RAVEN5」は優しく導いてくれるはずだ。

【関連サイト】

【機材協力】

→次のページヘ続く (前面排気の逆エアフローが特徴のLian-Li「PC-A51」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中