このページの本文へ

RealSense対応「ThinkPad YOGA」など、レノボがタブレットを大量投入! 

2015年01月06日 14時30分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 米国時間5日、LenovoはWindows 8.1タブレットなどの新機種を海外で発表した。国内での展開などは未定となる。

11型と14型モデルを用意する「YOGA 3」

「YOGA 3」の11型モデルと14型モデル
もちろんテントモードで使用できる。写真は新色のホワイトモデル もちろんテントモードで使用できる。写真は新色のホワイトモデル

 Windows 8.1タブレットPC「YOGA 3」は、11型と14型のディスプレーモデルを用意。11型にはCore Mを、14型には第5世代のCore iプロセッサーを採用する。

 最大256GBのSSDまたは5OOGBのSSHDを内蔵し、最大7時間のバッテリー駆動が可能。JBLのスピーカーを内蔵するほか、ホワイトカラーが追加されている。

3サイズのモデルを展開する「ThinkPad YOGA」

「ThinkPad YOGA」
「ThinkPad YOGA」

 タブレットにもなるThinkPadといえる「ThinkPad YOGA」は、12型/14型/15型のモデルを投入。薄さ19mm、重量約1.5kgのボディーに第5世代のCore iプロセッサー、最大512GBのSSD、フルHDのタッチパネルディスプレーを搭載する。

テントモードやタブレットモードに変形する

 14型と15型のモデルには、NVIDIAのグラフフィックス機能を搭載可能で、15型モデルにはインテルの「RealSense 3D」対応カメラを搭載できる。RealSenseはカメラを用いて人の動きや物体の形を検出する技術で、ジェスチャーでPCを操作したり、顔の向きを検出してそれに併せて画面をスクロールしたりできる。

3サイズから選べる「FLEX 3」

11型/14型/15型のモデルを用意する「FLEX 3」(写真は11型と15型)

 299ドルからの価格で提供予定のタブレットPC「FLEX 3」は11型/14型/15型のモデルを用意。14型と15型には第五世代のCore i7やフルHD解像度のディスプレーを搭載可能だ。

 このほか、鉛筆やボールペンなどで操作できる「AnyPen」機能に対応した「YOGA Tablet 2-8 with Windows」なども発表している。

日本でも発売してほしい
自撮りスマートフォンが登場

側面のストライプ柄がキャンディーのような「VIBE X2 Pro」

 スマートフォンは、3色のストライプカラーが画期的な「VIBE X2 Pro」を投入。5.3型のフルHDディスプレーを採用し、自分撮りモードを備えた1300万画素カメラを内蔵。自分撮りに最適な小型LEDリングライトをオプションで用意する。

LEDリングライト LEDリングライト
ライトを本体上部に装着することで美しく自撮りできる 運動量などの測定ができるスマートバンドも用意する
ライトを本体上部に装着することで美しく自撮りできる運動量などの測定ができるスマートバンドも用意する

 このほかに、スマホでシームレスに運動量管理が可能なスマートバンド「VIBE BAND VB10」を発表している。

1300万画素カメラを搭載する「P90」 1300万画素カメラを搭載する「P90」

 また、Atom Z3560を搭載したハイパフォーマンスAndroidスマホ「P90」も発表した。光学手ブレ補正を採用した1300万画素カメラを内蔵。5.5型のフルHDディスプレーを搭載する。

■関連サイト

カテゴリートップへ