このページの本文へ

面発光の次世代照明が世界最大を誇るイルミネーションスポットに

コニカミノルタの有機ELパネル約1万5000枚で構成される「光のチューリップガーデン」

2014年12月26日 16時29分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

光る有機ELチューリップとハウステンボス「光のチューリップガーデン」イメージ

 コニカミノルタは12月26日、ハウステンボスが開催する「チューリップ祭り」の「光る有機ELチューリップ」に同社の樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルが採用されたと発表した。

 同社の樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルは薄くて軽量、面光源、曲がるパネルという従来照明にない特長があるほか、高いエネルギー効率や低発熱、水銀を使わないなど環境性能も高い。

ハウステンボス「光の王国」は全国イルミネーションランキング第1位(2年連続)を誇る

 ハウステンボスのチューリップ祭りは2015年2月14日~4月13日に開催され、「光のチューリップガーデン」には約5000本(パネル数1万5000枚)の光る有機ELチューリップが並ぶ予定。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン