このページの本文へ

エーアイの音声合成エンジンでウェアラブル端末に恐竜の解説

福井県立恐竜博物館、Google GlassやSmart Watchで実証実験

2014年12月26日 15時17分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
福井県立恐竜博物館

 福井県立恐竜博物館は1月16日・17日、Google Glassなどウェアラブル端末を使った特別展示実証実験を行う。

 ソフトバンクモバイルが実施する実証実験で、iBeaconを用いた館内位置情報の提供やAR、音声合成を用いた恐竜の解説やミニゲームといった内容。Google Glassでは、ARを使った恐竜探索ゲーム、画像認識技術を活用した展示物の解説、位置情報を活用した音声・文字による展示物の解説が行われる。

 また、腕時計型ウェアラブル端末を用いて館内のナビゲーションや端末を探知機に見立てた探索体験なども実施する。2種類のウェアラブル端末による恐竜解説などの音声にはエーアイの音声合成エンジンがAITalkの技術が用いられる。

 実施は2015年1月16日・17日の2日間、午前10時00受付開始、10時30分より開始する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン