このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

1万円台からのWindows 8.1タブレット購入術 第3回

TransBookやAspire Switchなど、ノーパソ的なWin8.1タブレット

2014年12月24日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

全機種のキーボードを比較!

 今回紹介したキーボード付きモデルで一番重要なのは、やっぱりキーボードだと思う。そこで最後に全機種のキーボードを同一の縮尺で掲載する。サイズ感の違いはわかるのではないだろうか。

小さいながらも標準的なキーボードとなっているTransBook T100TA

小さいながらも標準的なキーボードとなっているTransBook T100TA

BSキーやEnterキーがとなりのキーと肉薄しているAspire Switch 10

BSキーやEnterキーがとなりのキーと肉薄しているAspire Switch 10

キーボードは薄いが、キー自体は標準的な配列となっているHP Pavilion x2 10

キーボードは薄いが、キー自体は標準的な配列となっているHP Pavilion x2 10

Inspiron 11 2 in 1は多少ゆとりを感じる大きめのキーボードを採用する

実際の使用感はほぼ横並び
利用スタイルで選ぶことが吉

 今回は全機種でベンチマーク計測を行なったが、厳密な比較をしなければ実際の使用感に気になる違いはない。

 そのほかの機能面では、例えばキーボードを含めた利用スタイル、タブレットとキーボードの重量バランス、ACアダプターの方式などそれぞれ一長一短となっており、どれが有利でどれが不利というのは使い方によって変わる。

 できれば、店頭などで実際に実物を手に取りながら、自分の使用スタイルを考えて選んでみてほしい。それもきっと楽しいはずだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン